おばおばのたわごと

自他共に認める多趣味人間・おばおばによる道楽日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ドーンとまとめ書き

ここ1週間、なにやかやと忙しく、「日記書かんと・・・」と思いつつ睡魔にまけちゃっておりました(^^;)
さあ、まとめ書きいくぞ!(笑)

先ずは、先週の木曜日。祝日でお仕事お休みでありましたが、福山へマトリョミンとテルミンひこずって行ってまいりました。
来月から福山ロッツのJEUGIAカルチャーでマトリョミン講座を担当することになりましたので、デモ演奏しに。
会場はロッツの地階の広場。吹き抜けになっているので、上階の人たちも下の様子を覗くことができるようになっています。
その吹き抜けの底のど真ん中にぽちーんとテルミンをセットして、椅子にマトリョミンを置いてサウンドチェック。
テルミンの音量と伴奏のバランスをチェックしていただいたり、マト用のミニアンプだけでは弱いのでマイクを設置していただいたり・・・今回はちゃーんとPAさんが居てくださったのでとてもスムースでした。
演奏してみると、音がウワ~~~ンと響いてすんごいキモチイイの!!
自動的にリバーブかかってる。(^^)
リハーサルのときから通りかかる人が「なにしてるんだー?」って感じで足を止めて聴いてくれるのが面白くもあり嬉しくもあり。
本番も気持ちよく弾けてヨカッタ。「体験してみたい人~!」って言って誰もいなかったらサクラ作戦やりましょうなんて言っていたけど、ちゃんと手を上げて下さった方が居てホッとしました。
JEUGIAの店長さん、実際に聴くのは初めてだったようで、「遠くに居てもよくきこえてきましたよ~、感動しましたー!」って仰ってくださってうれしかったです♪

福山から戻って、バレエ教室へ。
この日からまたアソウリャク先生のレッスンが始まりました。
先生のレッスンを受けるようになってから何年か経ちましたが、「ロシアから来岡」っていうよりは「ロシアから帰っていらした」って感覚です。私にとっては。
歯応えありすぎなアンシェヌマンに四苦八苦ですが、以前よりは冷静な頭で取り組めるようになってきたかなぁ?
(やりなれないパとか回転がいっぱい出てきたらうへぇって思っちゃうケド^^;)
アソ先生、相変わらずパワフル。お孫さんがいらっしゃるというのに、教室のどの子よりも軽々とクルクルクル~~って回れちゃうとこがいつもながらスゴイ。昔の鍛えようが違うんだろうなぁ。
そういえば、その前の週はレレンコワ先生の特別レッスンに参加させていただいたのだけど、1番のポジションでの立ち姿の完璧ッぷりと足の甲の見事さに吃驚。すごくお美しい方だったし、もう佇まいからして際立ってたなぁ。やっぱりレニングラードで主役はってきた方だけあるというか・・・やっぱりバレエって選ばれた人に許される芸術なのねーって思わざるを得ないですね。(笑)
そうそう。アソ先生がロシアへ発たれる前にマトリョーシカをお願いしていたのを頂きました!3体も!!
nikkisyashin81.jpg

真ん中の子はマトリョミンでおなじみの「セミョーノフスカヤ柄」ですが、ちょっとお顔がキツめ。気が強そうですよ。(笑)

日曜日はテルミン教室で大阪へ。
テルミン教室の前に、キモノ・マトリョミン・デュオ「フミヨとマチ子」の相方・wariさんと梅田で落ち合ってカラオケボックスへ。
歌いに、というのではなく、マトリョミンの練習のために、です。来月、京都で開催するライヴの練習。
二人ともお腹がすいていたのでドリンクとピザとキムチチャーハンを注文したんだけど、「どうせ冷凍じゃろ・・・」と思っていたら予想以上に美味くて吃驚!
美味しいもの食べて、マトリョミン弾いて・・・なかなか有意義な時間だったかと。(笑)
注文の品を持ってきてくれた店員さん、私たちのこと謎の二人組だって思ったかもなぁ。歌いもせず、人形相手に手を動かしたりなんてしちゃっててね。(^^;;)
マトリョミン練習後、wariさんも一緒にテルミン教室へ。(見学されるとのことで。)
今回のお題は、にわかマイブームで弾きまくっていた「魔王」・・・にしようと思っていたけど、前日になって「これはテルミンには合わんわー」って思い直して、急遽「夢のあとに」も練習・・・どちらにしようかどうしようか、と迷っていましたが、結局両方弾いちゃいました(汗)
「夢のあとに」は、付け焼刃とはいえ、非常にテルミン向きな曲でしたので、なんとか無難におさめることが出来た・・・と思ってマス。
曲想とかもっと研究したらもっと自信持って気持ちよく弾けたと思うんだけどなぁ・・・チョット残念。
今回は時間いっぱいまでめいっぱいみて下さって、結構アドバイスいろいろ頂くことが出来たので嬉しかったです。
・・・というのも、ここのところずっとお褒めの言葉を頂くもののアドバイスらしいアドバイスを頂けなかったので、「もっと表現とかいろいろ教えてもらいたいのに、この調子だったら次クール、更新しようかやめとこうか・・・」って帰りの道中いっつも悶々としていたので、何か言ってもらえるとスッキリします。
とはいえ、来月更新なのだけど4月は超多忙だからお休みしようかどうしようか、5月以降もどうするかお悩み中です。
スポンサーサイト
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

今さっき

nikkisyashin82.jpg

注文していたチョコレートが届きました

来月の京都でのライブでのオマケに配る予定デス
テルミン&マトリョミン | コメント:0 | トラックバック:0 |

遅れ馳せながら日曜日レポ

いろいろと忙しくて日記書ける時間になると睡魔がやってくるので、レポがついつい遅くなってしまいました(^^;;;)

日曜日、倉敷音楽祭の町並みコンサートに参加しました。
倉敷ではテルミン&マトリョミン演奏初披露になるかと。
私の出番は12時からの30分間だったのですが、私の出番の前にマイミク・music☆makoさんのユニットが演奏されるのを観たいので早めに出発するつもりだったのに、荷造りに思いのほか手間取ってしまって、ライヴ会場に辿りついたら演奏が終わっちゃってました。
music☆makoさん、ゴメンナサイ~~~~~!!

今回、準備と撤収の時間込みで持ち時間30分。
12時になってから演奏スペースに荷物を持ち込んで、お客様の目の前でテルミン組み立てショーを開催。(笑)
テルミンとギタートレーナー(CDプレーヤー)とグラフィックイコライザーとアンプとミキサーをつないで、マトリョミンにもミニアンプを取り付けてみると約10分経過。
こりゃ、やっぱり1曲減らさなきゃ・・・ということで、弾こうかどうしようか考えていた曲を1曲減らして、テルミンで3曲、マトリョミンで2曲、演奏しました。
結構ギリギリいっぱいの時間まで演奏しちゃったので、時間がおしちゃって次の団体さんに申し訳なかったのですが、どうしてもこれくらいは弾いておきたかったので弾かせていただきました。
今年からはなるべく人前でテルミンを弾く経験を積みたかったので、去年のマトリョミンコンサートでは1曲だったのを、今回はいきなり3曲にしてみたのですが、1曲目弾きながら、この集中力を保ちながら3曲弾ききらなくちゃならないことを後悔・・・というか、「私、どうなっちゃうんだろう!?」ってうひゃーって思いながら弾いていました。(笑)
だけど、2曲目を弾いていると集中とか緊張とかの度合いがだんだんよくなってきたのか、結構イイ感じで演奏できたような気が。
3曲目も無事に終了して、あとはマトリョミンで2曲なのでとりあえずホッとしました。人前でこんなにテルミン弾いたのは初めてだったので。
マトリョミンを弾いてみると、「高速道路から一般道に降りたらスピード出し加減になる」みたいな感じで手を動かしすぎ傾向な演奏になってしまいそうで「オットット・・・」と修正。強弱つかない鳴りっぱなし状態なのも聴いてて気になっちゃいました・・・って、それがマトリョミンなんだからしょうがないんですケドもね。
嬉しいことに、いっぱいのお客様の前で演奏が出来て(わざわざテルミン&マトリョミンを観に来てくださったと思われるお客様が結構いらっしゃったようです。)、凄い間近でお客様の反応や一生懸命聴いてくださっている様子を感じながら演奏できて幸せでした~
(弾き始めると「ふぉぉ!」って小さなどよめきが起こるのが面白かったデス。^^)
あったかい雰囲気でよかったなぁ。
とあるおじさまが帰り際に、「ずーっと昔からあったもんなんじゃろうけど、今日、初めて観たわぁ。エエもん見せてくれてありがとうな」というようなことを仰って下さってジーンとしました。あと、マトリョミンのお値段を尋ねてこられた方とかもいらっしゃったなぁ。喜んでいただけたようで、こちらも嬉しいです。

芸文館広場のフリマで腹ごしらえ後、大阪へ出発。
T御大のテルミンレッスンとマトリョミンレッスンの予約がとれたので。
大阪に到着してからレッスンまで時間があったので、大丸心斎橋店で開催されていたビーズの展示会へ行きました。
数日前のビーズのお稽古のときに先生からお勧めされていたので、丁度よいタイミングでした。
会場の殆どはいろんなビーズ店さんがキットや完成品を売っていて、壁際に展示作品があったので拝見しましたが、ビーズの世界も日進月歩といいますか・・・もう、おおよその手法は分かってもどういう風に合わさっているのか見当つかないくらいの、個人の持てる技術の粋を凝らしたと思われる作品の数々にため息。
これはもう実用の域を超えたアートの世界でしたね。コスチュームジュエリーよりも手が込んでる。(笑)
展示品最後のティアラをじーっと眺めていると、背後から呼ぶ声が・・・見ると、ビーズの師匠が!先生も同じ日に観にいらっしゃっていたのでした。

この日は例年よりもかなり気温が高かったせいか、ビーズのキットを物色していたら汗だくだくに。(^^;)
地下に降りて、BABBIのアイスクリームを食しました。
アイスを食べても寒さむにならなかったので、そうとう暑かったのでしょう。
チョットお値段は高かったけど美味しかった♪

さて、いよいよ御大のテルミンレッスン。
ちょっと早く到着したので楽譜をチェックしていたら、先生がにこやかに現れました。
「早速始めましょうか」と、とっととお稽古モード。20分しかないのですから、貴重な時間は疎かに出来ません。
楽譜をセッティングしていると「それはラフマニノフのお顔ですか」と、楽譜の表紙を見て仰いました。
そうです、恐れ多くも今回演奏するのは「ヴォカリーズ」。
御大もクララさんもCDにおさめているあの名曲です。(爆(笑)
とりあえずは前回の「陰影の少ない白っぽい絵」状態からは改善できた…らしいデス。

次のマトリョミンレッスンは、昼の本番と御大のレッスンとで集中力使い果たしたのか、頭がボーッとしてましたケド、強弱つかないマトリョミンでの表現方法というかきかせ方のお勉強になりました。
もう、ただ単に音程とるだけの段階ではなくなってるのが難しいトコです。
テルミンもマトリョミンも同じことが問題になってる気がする。
ひたすら「拍通りに」って世界から微妙にテンポを揺らすようにするのって、頭の切り替えがきかないというか私にとっては未知の世界かも。勉強しなくちゃなぁ。

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

お知らせ&祝♪

やーっとビーズ織りの宿題が一区切りつきました。
明日(あ、もう今日か。)持って行けますー
完成までにはまだまだ沢山の工程があるんですけど、とりあえず「織り」の作業は終わりました(^^)

さてさて。
以前にも書いたと思うのですが、正式にお知らせをば。
今度の日曜日(3/16)、倉敷音楽祭町並みコンサートにてテルミンとマトリョミンを弾きます!
時間は12:00から。準備・撤収の時間込みで30分が持ち時間です。
場所は倉敷駅前通り沿いのカフェ&ギャラリー「PennyLane」です。
(http://pennylane.web.infoseek.co.jp/)

その「PennyLane」のママさんから宣伝してねーと言われたのが
PennyLaneオープン5周年記念コンサート。
4月13日(日)に倉敷芸文館アイシアターで行われます。
1st Stage 17:00~
中川和子(P.) 佐藤節子(Mari.)
esquina(ブラジリアン・ポップス・ユニット)
ヘノチーニョ・グループ(ボサノババンド)

2nd Stage 19:00~
赤木りえ(Flu.) 伊藤ノリコ(Vo.)
Okamoto Island

という顔ぶれです。フルート吹きのかた、赤木りえさんですよ!如何ですか?(^^)
料金は前売り¥3800/当日¥4300 です。
お問い合わせ・ご予約はPennyLaneまでヨロシクです。

nikkisyashin80.jpg

さてさて。
テルミンを始めて1年経ったなぁ~・・・ってことで、今夜仕事帰りにケーキを買って帰りまして、ささやかにお祝いしました。
「1年ごときで・・・」と言われそうですが・・・そうです、ケーキ食べる口実が欲しかったんです!(笑)
ダイエットしたいって思っているのに、意志薄弱もエエとこですよね。(爆)
イヤ、お祝いしたい気持ちも勿論ありますよー。
マトリョミン始めてからも1年経ってるのでまとめて一緒にお祝いしたかったのもあるんデス。
マトリョミン&テルミン始めて、おかげさまでいろんな方々と知り合うことが出来て世界が広がりました。
ありがたいことです。
これからも頑張って勉強を続けていきますので、よろしくお願い致しますm(_ _)m
nikkisyashin78.jpg

テルミン&マトリョミン | コメント:0 | トラックバック:0 |

知らなきゃならない

先程まで、TBSの東京大空襲の番組を観てました。
小学生の頃から、こういう第二次大戦関連の番組や本などを使命感に駆られるように観てきたのだけど、それらの記憶と相俟って凄く伝わるものがありました。
恐ろしくて悲しくて、久々に胸の奥から震えがきました。実際はもうこれどころの有様ではなかったんだろうって思いながら。
かつて読んだ本などで目にしてきたあの写真を撮った方の物語がメインになってて、「あの写真はこういう人が撮ったのか」って感慨深かったです。
録画したけど、DVD化してほしいな。NHK特集のDVDと併せて観て欲しい。
そして、映画「明日への遺言」を観に行きたいと思いました。
東京大空襲の写真を撮った方・石川光陽→http://www.etmau.com/19450310/archives/2005/06/post_5.html
映画「明日への遺言」→http://ashitahenoyuigon.jp/index2.html

番組の冒頭、戦災に遭われた方々の遺骨が納められている東京都慰霊堂のことにふれられていました。
私、其処に行ったことがあるんですが、本当に、訪れる人が少ないんですよ。
私が訪ねたときも、2,3人の人にしか会わなかったです。
私が此処を訪れた本来の目的は、大好きな建築家・伊藤忠太作の建物である震災復興記念館と東京都慰霊堂を観るためだったんだけど、此処で関東大震災や東京大空襲ですごい人数の方々がお亡くなりになったことも知っていたので、実際に訪れて祈りたいなっていう気持ちも頭の片隅にあったんです。
(震災でもこの場所で推定38000名もの方々がお亡くなりになってます。この数字は、関東大震災による全東京市の死者の55パーセント強になります。)
慰霊堂の中に入ってそのなんともいえない雰囲気に圧倒されて佇んでいると、おじいさんが一人入ってきて手を合わせ、最敬礼をして出て行ったでした。
・・・これまたなんともいえぬ雰囲気で更に絶句。
この旅行のとき、リアルフミヨちゃんも一緒に来ていて、この平和な世の中に感謝せねばと、二人で蝋燭と線香をお供えして合掌したのでした
(このお堂の中の右側の壁面には震災の有様を描いた絵画が、左側の壁面には石川光陽さんが撮った大空襲の写真がずらりと展示されています。)
東京都慰霊堂→http://maskweb.jp/b_ireido_1_0.html
震災復興記念館→http://maskweb.jp/b_shinsai_1_0.html

こういう番組や本等を観るとズーンと沈んじゃうんだけど、「知らなきゃ」っていう思いに駆られて、また観ちゃうんだよなぁ。

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。