おばおばのたわごと

自他共に認める多趣味人間・おばおばによる道楽日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

テルミン関連イベントご案内

イベントのご案内です♪
来る10/4(日)、ライブで演奏いたします。(今回はテルミンメインの予定。)

♪ 梅原智昭ツアー
日時 : 2009.10.4
会場 : アコースティックセッションバー ORiON
会場住所 : 岡山市表町3-8-31 大井ビル1F
会場電話番号 : 080-6313-6966
出演 : 梅原智昭、青木光男劇場、中村隆子(テルミン)、のぶりん
入場料 : チャージ/500円(要ドリンク別) 投げ銭制
ワタクシのテルミンの演奏は20:30~21:00の予定です。(前後する可能性もありますので悪しからず…)
10月の演奏はこのイベントのみになりそうです。

11月は11/1にカフェZで開催される「カレンダー展」にて演奏。(キモノ・マトリョミン sisters フミヨとマチ子で参加。テルミン演奏も演る予定。)
11/29には年に一度の此方で最も盛大な(!?)テルミン&マトリョミンコンサートを岡山シンフォニーホール内・イベントホールで開催いたします。(テルミン演奏とマトリョミンアンサンブル。大人数でのマトリョミンアンサンブルを観ることができるのは当地ではこのコンサートのみです!)
11/29の「第3回テルミン&マトリョミンコンサート」は明日10/1より、岡山シンフォニーホールチケットセンターにて前売り開始となります。遠方で此方までチケットを買いに行けない方はtheremin@xvf.biglobe.ne.jpまでお問い合わせ下さい。
スポンサーサイト
イベント御案内 | コメント:0 | トラックバック:0 |

女真珠王の復讐

「女真珠王の復讐」(1956年・S31年)
三信貿易に勤める有能な社員・木崎芳男(=宇津井健)と香川夏岐(=前田通子)は社内恋愛真っ最中のラブラブカップル。
夏岐が浅沼専務(=藤田進)の渡米に同行して出発した後、三信貿易社長殺害と1500万円紛失の容疑で木崎が逮捕されてしまいますが、それは浅沼専務とその部下・野口吾郎(=丹波哲郎)の謀略による濡れ衣でした。

洋上の夏岐達の元にも木崎逮捕の報がもたらされ、木崎と恋仲であった夏岐にも共犯の嫌疑がかけられますが、浅沼専務は「自分の証言によって事態をどうにでも出来る」と夏岐を脅し、我が物にしようと襲いかかります。
夏岐、貞操の危機!
エロ上司の手を逃れようとして夏岐は海に落ちてしまいますが、スクリューに巻き込まれることもなく奇跡的に南海の孤島に漂着。
同じく1年前に漂着していたカツオ漁船の乗組員5名に救われます。
この5名の漂着者の中に、漁船の乗組員とは思えない華奢な25歳・天知先生の姿が!
これはもう先生というより「シゲル君」と呼んでしまいたくなる可愛らしさ。(笑)
むさ苦しい野郎どもの中でひときわ目立つ眼ヂカラと折れそうな痩躯…異質です(^^;
豊満ボディーのヒロイン・夏岐は1年間女に飢えていた親方達3名に次々と寝込みを襲われますが、可憐なキャシャリン・シゲル君と善意の人・石塚(=沢井三郎)が必死に彼女を守ってくれます。
(さっき漂着したばかりの女性を「命をかけて守ります」と言っちゃうトコがすごい。^^;)
そんなある日、善意の2人の目を盗んで親方以下3名が夏岐を再襲。
あわや…というトコで3名が仲間割れしてしまい、2名は刺殺され、残りの1名はシゲル君と崖上でもみ合う中、足を滑らせ渦潮の中に転落。
それを見た夏岐は、さっき自分を襲った人だというのに救おうと海へ飛び込みます。
結局助けることは出来ませんでしたが、夏岐はその海の中で大量の真珠貝の宝庫を発見!
外国船に助けられた夏岐は2年後、女真珠王・ヘレン南と変名して日本に戻り、三信貿易の社長と専務になった浅沼と野口に復讐を開始するのでした…
(勿論、善意の2人もヘレン南とともに帰国、大活躍いたします^^)

まずは、この物語のヒーローである(ハズ)の宇津井さんの髪の多さともっちゃり具合に吃驚!(笑)
どうして新東宝の主役スターってこんなにモッサリしているのでしょう?
そしてまだまだ原石のような趣の悪役・丹波りんにも吃驚。
tanba2.jpg
往年の輝きはまだ感じられませんでしたが、あの飄々とした独特の言い回しに片鱗を見ましたよ(^^)。
そして初の善人の大役を演じたというシゲル君!
無人島時代…
amachi2.jpg
…から、外国で磨きをかけられて輝くような青年になって戻ってまいりましたよ!
amachi1.jpg
新東宝時代の作品を観るのはこれが初めてなのですが、其処で悪役ばかり演じてきたという天知先生なのにイキナリ観たのがコレ(可憐な善人役)…って入り方が間違っているような気がしてしょうがないです(笑)
天知茂 | コメント:0 | トラックバック:0 |

家族旅行in大阪

9/26…マトリョミン・オーナーミーティングの後、wariさん達と菊水でお茶した後、阪急で大阪へ。
大阪で家族と合流して今度は「家族旅行」に突入です。
梅田でシャトルバスに乗ってリーガロイヤルホテルへ。
このホテル、一度泊まってみたかったのですが一人ではとても泊まれるお値段ではないので、今回の旅行に際して「ホテル予約してね」と言われた時にまってました!とばかりに予約とっちゃったのです(笑)。
しかもザ・ナチュラルコンフォートタワーズの宇宙の部屋!
http://www.rihga.co.jp/osaka/executive_floor/nt/sky_uchuu.html
エレベーターを降りると早速にセキュリティーのためのガラス戸が。此処でルームキーを差し込むと戸が開きます。
お部屋は3人目のベッドを入れてもま~ったく余裕の広さ!
電気を消すと壁面の星がぼぅっと光り、窓からの夜景もなかなかのもの。
ビデオ&DVDプレーヤー付き。
お隣のお風呂やトイレを使う音が全く聞こえてこなかったトコにも感動(^^)
(この前泊まったホテルはかなり聞こえた。)
とにかく快適この上なし。流石。
階下に無料で使えるプールもあったのですが、疲れてたので使わず(^^;
夕食後、一階のラウンジでケーキセットを頂きながら読書しました。
以前からこのホテルのチョコレートブティック「レクラ」へチョコを買いに行くことが何度かあって、そのたびに「ここのラウンジでお茶したいなぁ」と思っていたんです。
いつも急ぎだったので実現できなかったのですが、今回ついに実現!
滝のある中庭を臨む窓際で美味しいケーキとお茶を頂き、ピアノ演奏を聴きながら江戸川乱歩を読む…しかも着物で。
ささやかな夢がひとつ叶った心持でございました(笑)

9/27…午前中、中之島公会堂へ。
デリカビーズ織りの大阪本部展示会「煌めきのパルフェ 2009」を観に行きました。
nikki175.jpg
私も個人の作品1点と合同展示の作品2点を展示していただいております。
会場は前回と同じく3階の特別室。
このお部屋には見事な天井がとステンドグラスがあり、本当に一見の価値があります。
会期は月曜日までですので、もし足を運ばれた方、展示品だけでなくお部屋も観てみてくださいね!

午後からは今回の旅の大目的である「コルテオ」へ!!
随分前にチケットをとったのですが、ついにこの日が来たー!って感じです(^^)
親に「どんなもの?」って尋ねられた時に言うに困って「…芸術的なサーカスみたいな感じ?」と答えたのですが、「こりゃサーカスって言うより舞台芸術だなあ」と観終わって感嘆しました。
なんだか「サーカス」って言葉には後ろ暗いイメージがついて回っているような感じがあるのですが、それが無いんですね。
舞台芸術を観ているような感じ。
パフォーマーは洋舞のレッスンを受けているのか、ポーズの見せ方が「バレエを観ている」ような気分にさせてくれます。(両足を揃えると綺麗なスースーの形だったり、伸ばした脚の膝から下のラインがしっかり伸びていたり…)
技といい体つきといい、「人間の体って素晴らしい!」ってあらためて気付かせてくれます。
そして、時々客席までやってきたりしてお客を巻き込んで雰囲気を作るのがとってもお上手!(^^)
両親も大満足で、DVDを購入して帰りました。
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

マトリョミンオーナーミーティングin京都

マトリョミンオーナーミーティングin京都に行ってまいりました!
会場はロシア料理店「キエフ」。
以前から行ってみたいと思っていたお店なので嬉しい(^o^)
今回はソロで「ジェラシー」を、キモノ・マトリョミンsistersフミヨとマチ子で「ウナ・セラ・ディ東京」「恋のバカンス」を弾きました。
デュオは今までの本番のうちで一番良かったんでないかい?と思える出来でしたが、ソロは微妙な音程であんまり気持ちよくなかった…スミマセヌ(^^;)
それこそ「いつもはこんなんじゃないんです~!!」って叫びたい感じ(笑)
…舞台上で言い訳なんか出来ませんのでしょうがないのですが…この前の伴奏合わせの方が数倍良かったな(;_;)
本番に弱い自分に腹が立つ!(←中条長官調に)
何はともあれ、久しぶりの方々にお会い出来たし、初めての方とも交流出来たし、ロシア料理美味しかったし、参加出来て良かったです♪楽しかった(*^_^*)

素敵な機会を設けて下さったマンダリンエレクトロン様、そして場と美味しいお料理を提供下さったキエフ様、ご一緒下さった皆様、ありがとうございました
テルミン&マトリョミン | コメント:0 | トラックバック:0 |

無宿侍 第13話「ふたり幻之介」

「無宿侍」
musyuku1.jpg
五社英雄監督のオリジナル企画によるハードボイルド時代劇。
厳格な掟に縛られた忍者集団「陰」。実は彼らは「影公方」と呼ばれる謎の人物に操られる暗殺集団だった。この忍者の世界から脱出した「抜け忍」となった男(幻之介=天知茂)が、愛した女の幻影を求め必死に生きようとする男の孤独な戦いを描く。
五社英雄が企画、田中徳三、中川信夫といった名映画監督が参加。
特撮を駆使した忍者隊忍者の壮絶な戦いと「カムイ」的なスタイルによる暗殺集団、全編を覆うマカロニ・ウエスタン調の音楽も印象的な作品。(「ホームドラマチャンネル」紹介文より)

第13話「ふたり幻之介」
幻之介(=天知茂)の名を騙る辻斬りが現れ、幻之介はお尋ね者に…
…ってシリアスな展開かと思いきや。
いや、物語自体はまったくもってシリアス全開なのですが、笑わせてくれるポイント満載なんです!
「ハードボイルド時代劇」のハズなのにこれは何事?(^^;;;

冒頭から現れるその辻斬り=ニセ幻之介ってば、凄腕の辻斬りの筈なのに何故かひょっとこのお面を被っています(笑)
何故ひょっとこチョイス?(^^;こういうシチュエーションだったらやっぱり般若とかでないかい?

そいでもって、その「自分の名を騙る偽物」を探索する幻之介もなぜかひょっとこ面を被ってる。
いや、別に幻之介様までひょっとこ被らなくてイイですから!(笑)
musyuku.jpg
そんなお面被って凄まれても…

ニセ幻之助のお面の中身。
musyuku5.jpg
実はこの人も「抜け忍」。額に抜け忍の烙印を押されている…のですが、コレってどう見てもマジックで書いてるでしょ!?罰ゲームにしか見えませんから!(笑)
このニセ幻之助は、抜け忍の烙印も押されずに生き延びている幻之助を憎んでいます。

般若(本物)vsひょっとこ(ニセモノ)
musyuku3.jpg
流石にWひょっとこにはならなかったですね。
天知先生、般若面被らなくても十分般若顔ですから・・・(^^;
musyuku4.jpg
って、「スケバン刑事」の般若(=萩原流行)に対して抱いた気持ちと同じ思いが蘇りました(笑)
(スケバン刑事の般若も大好きな役でした~!)

観たのがこの最終話だけだったので作品全体がこんなトンデモテイストだったのかどうかは分かりませんが、渋カッコいい先生が拝めて冨田勲さんの音楽が聴けただけでも満足でした。
(しかし、「最終話」がコレですか…って感は否めないですが^^;;)
天知茂 | コメント:2 | トラックバック:0 |

スカパー!来た!!

ずーーーっと地上波のみだった我が家にスカパー!がやってまいりました!!
NHK-BSの予告で魅力的な舞台や映画の予告が沢山あっても「いいなぁ…」と思うだけでなかなかアンテナを付けるに至らなかったのに、何故今頃急に思い立ってスカパー!か?

…そりゃもう、理由は決まっておりますがな。(笑)

先程、「無宿侍」を観ることが出来て感無量です!!!(T▽T)/
嗚呼、思い立ってヨカッタ…
んで、スカパーはコピーワンスなのですが、10月からはHDD→DVD(またはブルーレイ)が出来る機種がありますとのことで、この際清水の舞台からダイブしてHDDレコーダーも新調してしまいました(爆)
が、頑張って働かなくちゃ(^^;;
そして扱いにも慣れなくては。(今まで東芝のを使ってましたので…)
設置に来てくれたあんちゃんは「スカパーだったらタイマー録画出来ないから、録りたい時間に録画スイッチ入れなくちゃダメ」って言っていたのですが、なんとかタイマー録画できないものかなー(^^;;
「女真珠王の復讐」の放映、出勤しているあいだなんだけど絶対録りたいんですよね。
(この作品のために急いで設置してもらったようなものですし…)

それにしても。
設置してからすぐいろいろ観てみたのですが、懐かしいドラマがいっぱいですねぇ。
横溝正史シリーズの「真珠郎」ですんごい若かりし頃の原田大二郎さんが出てて、思わず見入ってしまいました。
今はあんなオジさまですが(笑)、Gメン出てた頃とかめちゃカッコよかったんですよねぇ。
(私の中でのGメンは33話で終わってます。←原田さん演じる関屋警部補が殉職した回。)
番組表観てると「忍風カムイ外伝」あるし!高校生の頃、LDボックスが欲しかったけどあまりにも高価で手が出なかった「銀河英雄伝説」全話放映もやってるし!西部警察や特捜がHDリマスター版で放映されるし!
…やっぱり思い立ってヨカッタ!(^0^)
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

伴奏合わせ

昨日は、近所の電器屋さんが開店すると同時に入店、スカパー!の新規加入予約を済ませてから倉敷駅→京都。
今度の土曜日に開催される「マトリョミンオーナーミーティング in 京都」の伴奏合わせのため、京都に向かったのでした。
一昨日、香川でマトリョミン教え→倉敷で合奏、昨日は京都、今日は昼、岡山で合奏→夜は倉敷で合奏。
かなり充実な連休です。
このハードっぷりでちっとは痩せればいいのに。(笑)
「眠狂四郎無頼剣」を観ようと思ってポータブルDVDプレーヤーを持ってきたのですが、平手先生ダメージがさめやらない今、観ても大丈夫かと思って躊躇。(笑)
だって、この作品の愛染役は凄いって分かっているので…絶対、平常心でお稽古に臨めなくなること必至。(というか、Wパンチでしばらく廃人になりそう。(笑))
ということで結局観ず、iPodに入れた「非情のライセンス」「ローンウルフ」「夜に賭ける」「夜が呼んでいる」をエンドレスで聴いて気を紛らわせました。
「顔はイイのに歌唱を聴いてガッカリ」な「歌わなきゃよかったのに俳優」って結構いるものですが、幸いにも天知先生は非常にお上手。
晩年の歌唱はタバコの吸いすぎのせいか、かなり苦しげですケド…
やはりよく声が出ている「ローンウルフ」あたりの歌唱が素晴らしくヨイですね。渋い低音からセクシーな高音…独特な声の響きに脊髄あたりがビリビリ痺れます(笑)

上記の「夜に賭ける」「夜が呼んでいる」は先日入手したCD「任侠歌謡傑作集」に入っている曲。
nikki174.jpg
↑こんないかにも「任侠!」なジャケットなので「どんなイカツイ歌を歌ってるんだ?」と思って聴いてみたらイキナリ ♪シュビドゥビドゥバ~ パッパヤ~♪…って女声が出てきて吃驚!(笑)
まるでムード歌謡ですよ。
しかしその後は天知先生の歌声の魅力炸裂!です。
買ってよかった…めちゃ安かったけど。

京都に到着後、急いで会場へ向かっているとマイミク・えふおうさんに遭遇。
ウッカリ行き過ぎそうになったトコを呼び止めてもらえて助かりました!道に迷うトコだったです(^^;
伴奏合わせは「前日に楽譜を送る」という非道な真似をしてしまったにもかかわらず、速さ・強弱ともちゃーんと合わせてくださって非常に弾きやすかったです。流石。
あとは私のウデ、というトコでしょうな。(汗)
テルミン、マトリョミンを弾いていると、独特な外見と奏法に目を奪われてそういうところを面白がられて終わり…となってしまうような気がして、「珍しさを喜ばれるのもイイけど、自分の『音楽』で喜ばれるようになりたいなぁ」と思う今日この頃。今度のミーティングは皆、マトリョミン見慣れてる人たちばかりなので、「物珍しい」のフィルターは無いハズ。頑張ろう。
ゆくゆくはもっと演奏の精度を上げて行って、純粋に音楽で評価頂けるようになりたい。

会場を出て、えふおうさんとwariさんとで11月のライブとコンサートの打ち合わせを兼ねてお食事へ。
wariさん、さすが地元民、スルスルと路地を入って素敵なカフェに案内して下さった。
てんこ盛りかつ美味しいのにリーズナブルなお値段で満足満足。
えふおうさんと別れ、またまたwariさんに連れられて路地をくねくね歩いて辿り着いた公園でマトリョミン・アンサンブルの練習を…と、野良ニャンコをギャラリーに弾き始めたところ突然の雨!
折角夜の「お外マト」(しかもニャンコに見られつつ)だったのに…慌てて仕舞って近所のカラオケボックスで練習を行いました。
あいかわらずの遠隔地ユニットでなかなか練習が出来ないのがネックですが、何回か舞台に乗せている曲だと手が慣れているので以前よりも良くなってる…と思う。(笑)
wariさん腕を上げていらっしゃるのが合わせてて分かりました。
色違いの頭飾りも購入したことですし、息合わせてがんばりましょー!(^^)/

帰りの新幹線は行きの混み具合がウソのような空きっぷり。
ゆったり座ってDVD鑑賞を…といきたいトコでしたが、疲労困憊しちゃって愛染様を拝める体力ナシ。(笑)
幸いにも終点が岡山だったので、心おきなく睡眠。

…で、今日はこれから岡山で合同合奏、夜から倉敷でも合奏。吹奏楽三昧の一日です。(^^;;
正直、もうそろそろ久しぶりにカイロプラクティックのお世話になりたい感じです。
ドリンク剤飲んだし、これから頑張ってきますー!!
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

妄想族

今日は午前中、四国は高松でマトリョミン教室(初日!)、午後は岡山に戻って夜まで合奏でした。
新しいマトリョミンを手にされた生徒さん、とても嬉しそうで此方も嬉しい(^^)
午後の合奏は心身ともにかなりキツかった。
もう終わりかと思ったら「2曲通して演奏します」とか言われたりして(ひぃ~)…唇ヒリヒリしてるし身体も相当ツラかったのですが、そんな時には鞄に忍ばせた「天知コラージュ」!
そぉ~っと観て、「私も先生みたいに頑張らにゃ!」とエネルギーチャージ!(笑)
それでも疲れで朦朧とした頭には、いろんな妄想が頭に…そうとうヤられています(^^;;

ichi-hirate3.jpg
此処はすごく哀しいシーンなのですが、先生のながし目に釘付け…

いやいや、哀しいシーンはここまで!
市と平手が一緒にいるシーンはどれもこれも愛しい。
水死人が上がった日、釣りをし来た市…
ichi2.jpg
言葉は交わさずとも平手の存在を感じて口元が綻ぶ。
黙ってても分かる、ってトコと平手に会えて嬉しい~って顔をするトコがヨイ(^^)

んで、平手も…
hirate3.jpg
「今日は水死人が上がったから釣りはすまい」ってさっさと帰ってしまわずに池の畔に居たということは、市を待ってたんだなあと思うとほのぼのしちゃう。
んで、二人でお寺へ向かう道中もいろいろお話したんだろうなぁ。

仲良く酒を酌み交わすシーンも大好き!
ichi-hirate4.jpg
親分さんに邪魔されなかったらもっと話し込んでイイ感じだったんだろうになぁ。
もっと一緒にすごしていてほしかった。
(親分さん来なかった時のシーンも妄想してみたりして。)
此処のシーンの平手さん、いろんな表情を見せてくれるんだよなぁ。
それでもって美人さんなんだ~

按摩のシーンも大好き!
ichi-hirate5.jpg
最後のあたりなんて本当に気持ちよさげなんだよなぁ。
それにしても勝新に肩モミしてもらえるなんてすごいわー(笑)
勝新さん、天知先生の肩もんで「細ー!骨ばってる!」とか思ったりして(妄想!)
映画冒頭のあの按摩をやられたら壊れそうだ。


ずーっと以前に「塩狩峠」を読んだ後、数日間引きずりまくりましたが、今回もそんな感じかも…
2人が仲良くしてるトコを想像しちゃいますね、イロイロと。
天知茂 | コメント:2 | トラックバック:0 |

座頭市物語

hirate.jpg
もっと落ち着いてじっくり観ようと思っていたのですが、我慢できなくて観てしまいました、「座頭市物語」。
ヤング天知先生の作品を観るの初めて…にしてどえらいものを観てしまった…!と打ちのめされております。

切ない…なんちゅう切ない映画なんじゃ…

座頭市(=勝新太郎)と平手造酒(=天知茂)…敵対する立場同士と知りながらも互いの力を認め合い、友情が生まれる。
周囲の状況が険悪になる中、互いのことを思い遣り合う二人の姿がなんとも言えない。

「平手さんが…血を吐いたか…」
ichi.jpg
この辺からもうダメ。胸が詰まる。

市は世話になっている助五郎の助太刀を断って出入りには加わらない筈だったのに、そうとは知らない平手は市を鉄砲で狙撃させないために病身をおして出入りの場へ向かう。
そのことを平手の見舞いに行ったときに知らされ、平手の身を案じて戦いの場へ赴く市。
そして心ならずも平手と剣を交えなくてはならない羽目になる。
(いや、平手の覚悟を知って敢えて引導を渡しに赴いたのかも・・・)

「見事だ…つまらん奴の手にかかるより 貴公に斬られたかった…」
ichi-hirate.jpg
やっと平安を得たかのように満足そうに微笑み、市の背中にもたれかかったまま息絶える平手。
なんと切なくやるせなく美しい死にざまなんだろう。
ichi-hirate2.jpg
めくらだかたわだとさんざん馬鹿にされいじめられても泣かなかったという市の頬に流れる涙。
崩折れる平手の体を大事そうに受け止め、そっと横たえる市。
いちいちどれもが悲しくも愛しく思えるシーンでした。

戦で市井の人々が巻き込まれる、というシーンはよく見たことがあるけど、やくざの出入りでもそうだったんだなあとあらためて気付かされたり。
いろいろズーンと胸に残りました…

座頭市を演じた勝さん、ほんま上手いわ~。さすが天才児。
その勝さんの存在感に相対してもまったくひけをとらず、却って相手を食いかねない強烈な印象を残した天知先生も流石。(贔屓目抜きにして!)
本当に病んでいるのではないかと心配になってしまうような華奢な体とリアルな咳でございましたなあ。
小僧さんになって世話焼きたかったぞ!
あまりに顔立ちが整い過ぎてて、集団の中で目立つ目立つ。(笑)
先生の美貌は浮世離れしすぎです。
それにしても、実生活では一滴もお酒が飲めない天知先生が酒で身を持ち崩した平手造酒を演じるって考えてみるとなんだか不思議。酒に溺れる者の心持を一生懸命考えてみたのかなあ。

特典の写真集、先生のお美しい姿が何点も拝めて眼福。
あと、予告編では市と平手の決闘シーンが全然ちがっててビックリ。
絶対にあの予告編の幕切れより本編の方がイイと思う!
ヨカッタなあ、世に出たのがあれで。

<オマケ:平手さんのチラリズム(^^;)>
hirate2.jpg

天知茂 | コメント:2 | トラックバック:0 |

お月見会でテルミン

今夜は岡山京山ライオンズクラブのお月見例会にてテルミンを演奏してまいりました♪
20090917174445.jpg
20090917174509.jpg
会場が予想以上に豪華で、会場入りしてドキドキ。(^^;
今回はちゃんとサウンドチェックも出来たし、本番前にホテルのレストランでお食事も頂くことができて大変快適で御座いました。
ただ、お食事しながら歓談中…のトコで演奏するので、通常の本番よりモニタリングがしにくいんですよね。
そういうシチュエーションだったので「シーン…」としている中よりは精神的に楽に弾けたのですが、「伴奏と自分の音を聴き取る」という点ではかなり気をつかいました。
サウンドチェックの時点で「ドビュッシーの『月の光』をプログラムに入れたのはマズかったかなぁ」と思ったのですが(この曲はイントロ無しで、しかもかなりの弱奏でいきなり入るので)、ガヤガヤの中からなんとか伴奏を聴き出して弾くことが出来ました。
この曲は何度か本番に乗せたことがあるのですが、長く弾いている割にはなかなかうまくいかない曲だと思っていました。が、今回ようやく自分の方へ寄って来たような気がしました。もうちょっと弾きこんだらもっと気持ちよく弾けるようになるかもしれません。
…尤も、今回の会場はよ~く響く場所でしたので上手く弾けたように聞こえたのかもしれませんが。(笑)

「テルミン、弾いてみたい」と飛び入りで体験者が3名現れたりでなかなか面白い本番でありました(^^)

今回、このお話を下さった方が製麺会社の社長さんで、こんなパッケージのラーメンセットを下さいました!
20090917223545.jpg
「ちょっとT先生のHPからパクッちゃったんですけど…」って言われて見てみたら箱にテルミンの絵が!
えええ~!?と思ってさらに見てみると「Theremin Player Takako Nakamura」って書いてあって…感激しちゃいました!
すごいサプライズでしたよ~!!
ありがとうございましたm(_ _)m
テルミン&マトリョミン | コメント:0 | トラックバック:0 |

2人の「タケオ」

最近オークションにてゲットした天知先生グッズの数々。
オークション様々ですよ、ビンボーなので定価でなんか絶対に買えません(笑)
nikki172.jpg
スチール写真は
「長脇差忠臣蔵」「剣に賭ける」「座頭市物語」「孤独の賭け」「勝負犬」。
あちこちの映画レビューで凄く評判のイイ「座頭市物語」の平手御酒と、YouTubeで予告観て気に入っちゃった「勝負犬」のスチールが特にお気に入り。
映像は「犬シリーズ」のVTRと「江戸の牙」のDVD-BOX。
「犬シリーズ」はしょぼくれ刑事(=天知茂)が出ている作品をチョイス。(「鉄砲犬」はゲットできなかった。)
田宮二郎さんとの共演だし(しかもナイスコンビらしい)、美男が「しょぼくれ」演じてるのに意外と(いや、かなり)評判が良いのでこれから観るのがすごく楽しみ!
天知さんで時代劇と言ったら「大岡越前」の神山左門さましか観たことがないので、「江戸の牙」も楽しみ。
しかし、やっぱり最初はコレ!と決めている作品があります。
「座頭市物語」と「眠狂四郎無頼剣」!
これは方々のレビューやブログを拝見して「絶対に観たい!」と思った作品。内容を文字で読むだけでも身震いするくらいカッコよさそうだ。
明日、ツタヤディスカスでDVDが届く予定。
これを観てから鴨井大介(=田宮二郎)としょぼくれ刑事(=天知茂)の、一見コメディからは縁遠そうな2人の凸凹コンビっぷりを堪能しようと思います。

そして。音源はコレ!
(やっとタイトルの内容にきましたよ(笑))
nikki173.jpg
「ローンウルフ」と「非情のライセンス」サントラ。
「ローンウルフ」放映時はまだこの世に生まれてなかったし、「非情のライセンス」放映時はかろうじて生まれてましたが観ているわけもなく、ドラマの内容は生憎分からないのですが、テーマ曲だけは知っていました。
「ローンウルフ」はあのヤマタケ、山下毅雄さんの手によるもの。
口笛、スキャット、独特なパーカッション使い…いかにもな山下毅雄ワールドがコッテリ!
今まで聞いた作品の中でも最もジャズテイストの強いサントラでした。
「非情のライセンス」は渡辺岳夫さんの手によるもの。
哀愁を帯びたメロディーとチェンバリカのミステリアスな音色の組み合わせが絶妙!!実に切なくかっこよい。
両作品を聴いてみて思ったのですが、「ローンウルフ」は山下毅雄さん作なので「大岡越前」の匂いが、「特捜最前線」サントラでは木下忠司さん作なので「水戸黄門」「トラック野郎」の匂いが、「Gメン’75」サントラでは菊池俊輔さん作なので色々な特撮作品の匂いがしたのですが、「非情のライセンス」は「ガンダム」の匂いがあまりしなかったのがちょっと不思議でした(^^;
(すこ~しは香ったのですが、思ったほどではなかったので…)
「ローンウルフ」も「非情のライセンス」も主題歌を天知先生が歌っているのですが、上手いんですよねこれが!初めて聴いたときは吃驚しました。
「非情の街」よりも「ローンウルフ」や「昭和ブルース」の方が声のキーが合っていて凄くヨイ。
あの独特の歌声と低音の魅力が炸裂しております。
(作品世界をめいっぱい醸しつつ天知先生らしい一生懸命な歌唱の「ローンウルフ」、好感持てます。(笑))

そういえば、渡辺岳夫さんは「白い巨塔」のBGMも手掛けていたらしい。
こんなトコでも田宮二郎さんとの繋がり(…のようなもの)を感じたのでした。
(このまえ、リアルフミヨちゃんに天知先生の写真を見せたら、「ああ、この人は猟銃自殺したんよなぁ」とシミジミ言いました(笑)それは田宮さんだってば。)

どちらのCDも夜のドライブのお伴に最適です。
天知茂 | コメント:2 | トラックバック:0 |

至福の二日間

先の日記にも書いたとおり、お誕生日は「自分自身にプレゼント」ということで、コンドルズ公演を観に大阪へ。
梅田のナカイ楽器で買い物した後、ホテルへ向かいました。
今回お世話になったホテルは「ボストン、シカゴ、ニューヨークなどのアメリカン・アール・デコをテーマにしたデザイン」。
このグループのホテルは各々デザインテーマがあって、外装・内装から非日常に誘ってくれるので好きなんです。
本当は梅田の「オーストリア宮廷文化の時代」をテーマにしたホテルに泊まりたかったのですが生憎満室。
同じグループのホテルを…と探してみたら、コンドルズ公演の会場至近に今回お世話になったホテルがあったのです。
うまいこと出来てるわー(笑)
しかもデラックスシングルの部屋に格安で泊まれるプランがあったので飛びついた次第。
実際、お部屋に行ってみるとナント最上階!
「ニューヨークモダンのお部屋」はスッキリ広々で超快適でした♪
夜景も素敵でした…
nikki171.jpg
普段は「そこそこ清潔でちゃんと寝ることが出来ればOK」って感じで安めのホテルに泊まるのですが、今回ばかりは奮発してヨカッタ。

久しぶりのコンドルズ、やっぱりお腹よじれました!(笑)
ダンスの公演観に行ってる筈なのに、顔の筋肉が痛くなるんですよね、笑いすぎて。
相変わらず近藤さんの踊りは野生というか本能というか…全身バネバネ人間のようですなぁ。あの身体はまさに「授かりもの」ですよね。
石渕さんの暑苦しさにはさらに磨きがかかっていた。(笑)
私にとっての「癒し系」、鎌倉さんが金髪になってて吃驚!!
きき金髪ですか!?と思ったのですが、ライトに透けて激しく揺れる金髪を靡かせて踊る鎌倉さんがメチャカッコよかった。終演後、サインを頂いて、握手もしてもらいました!!
顕作しゃんは相変わらず可愛い(^^)
最後の最後にはホロリとさせられるんだよね。そこがまたタマラン。(笑)
一生懸命な踊りもヨイです。
やっぱり年末の京都公演にも行きたいなぁ。

ホテルに戻って…
快適なお部屋で何をしていたかというと。
nikki170.jpg
天知先生のお写真を切り抜きして、いつも持ち歩いているルーズリーフファイルにひたすらコラージュしていました。(爆)
全6ページ。(笑)
だって、本2冊持ち歩いていると重たいですしヨレヨレになりますし…いつでも観れるようにと思いまして。(←バカ。)
きっと、翌日お部屋の掃除に入った人が「何だ?この人は何をしてたんだ?」と思われること必至です。(ごみ箱の中が切り抜いた後の写真だらけだったので。^^;)
そういや、テキサスへ演奏旅行行ったときも「OAV版ジャイアント・ロボ」のサントラ全部と資料集とか持って行ってたよなー、私。(笑)
ハマりものは何かしら持っていないと気が済まない私なのです。
(勿論、フミヨも持参。)

翌日は5:00起きで倉敷へ帰り、家族の晩ご飯(カレー)を大急ぎで作ってから岡山へ。
11月に開催される一般バンドフェスティバルの合同演奏のための合奏。
他のバンドの方と一緒に練習というのはなかなか無い機会なのでチョット緊張しましたが、よい刺激を頂いたように思います。
それにしても…イン・テンポでやられると凄い大変ですなー(笑)
指がまわらなくて攣りそうですよ(^^;

夜は、テルミンの師匠T先生とマトリョミンの師匠H先生が来岡されてのライブ!!
会場いっぱいのお客様で嬉しかったです。(←主催者でないのですが^^;)
ライブ中、T先生にちょこっと紹介いただき恐縮
演奏後もアドバイス頂いたり1stアルバム(現ジャケットとは違う、古い方)にサインを頂いたり…岡山で両先生にお会いするのも演奏を聴けるのもなんだか不思議な感じでした。
そして、ついに岡山でもマトリョミンを店頭で買うことが出来るようになりました!!
オランダ通りの素敵なプレゼントショップ「Bimbo」さんです!
今回のライブの主催もBimbo様。ありがとうございます~~~

ライブ後、お腹すいたしすぐに帰る気にもなれなくて、Synergy73で夕食。
架空楽団センセもいらっしゃって、もりもりテルミン話(^^)
楽しかったです♪♪

さー、また頑張らなくちゃなあ。
今週はライオンズクラブの集まりでテルミンを演奏することになっています。
ライブの余韻でうまく演奏できるとイイのだけど…
(これから練習しまーす^^;)

すこ~し天知先生的話題入り(笑) | コメント:0 | トラックバック:0 |

生誕記念祭(笑)

今日はめでたくもワタクシのお誕生日。
そんな私を自分で祝おうと、只今新幹線で大阪へ移動中です。(笑)
久ーーしぶりにコンドルズ公演観れるのでスッゴく楽しみ
公演後に新幹線で帰ろうと思えば帰れるのですが、少~しリッチ(!?)にデラックスシングルに泊まって帰ります
(明日、少しぶらぶらしてから帰ろうかと思っていたのですが、お昼に合同合奏練習が入ったので朝すぐに帰らねばなりませんが)
明日の夜はT先生とH先生の岡山ライブ
素敵な2日間になりそうです
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

もうすぐ復活!

天知先生のおかげか、私にしては驚異的な速度で回復中。(笑)
鼻もかなり楽だし、喉も痛くない。朝方息が苦しくて痰がからむけど、もともとの喘息体質だからしょうがない。そのうち良くなるでしょう(^^)
はやく回復しなくてはならない理由もあります。
明日は午前・福山JEUGIAカルチャーでマトリョミンの教え→午後・高松JEUGIAカルチャーでマトリョミン体験教室→夜・トランペットパート練習。
いきなりハードですよ(笑)
高松の教室が終わって時間があったら高松市美術館の大岩オスカール展に行きたいなあ。

ふとハチャトゥリアンの交響曲第3番「シンフォニーポエム」が聴いてみたくなって探してみました。

この動画の冒頭数分間がソレ。(全曲載ってないです。)
この曲を初めて聴いたのがずいぶん昔の吹奏楽コンクール全国大会実況録音CDで、確か中学生の恐ろしく非の打ちどころのない驚異的な演奏だったと思います。
そのイメージがあったので、このニコ動のムラヴィンスキー&レニングラード・フィルの演奏を聴いたときには「濃いぃ!」とブッとびました(笑)
それもそのはず、編成が「トランペット3inB」の他に、「ソロトランペット15」ときたもんだ。(笑)
編成があまりにも大きいせいで「地方で演奏出来ない」と当時の共産党に怒られたらしい。(オルガンも要るし…しかも超絶難しいし ^^;)
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ブワー!

鼻水ブワー!
…って、いきなりキタナイ導入でスイマセン
昨日からついに風邪をひいてしまいまして、鼻セレブが手放せません
鼻に関しては昨日より良いのですが、今は喉が…耳の奥までヒリヒリします。

そんな状態ですが、発熱していなかったので出勤。
案の定、熱は?と尋ねられました。
どうやらインフルエンザではないみたいですよ

午後は、職場のみんなとお食事会
先生のおごりで創作中華の人気店でランチコースをいただきました

帰宅すると密林で注文していた天知茂写真集が届いていたので、早速拝見。
確実に体温上がったと思う。(笑)
これで風邪、治るかな?
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

WEST SIDE MIXER  奉還町アート商店街2009

日曜日は「WEST SIDE MIXER 奉還町アート商店街2009」に参加で午前10時頃から夜まで奉還町に居りました。
両親の知り合いがこの商店街の近所に住んでいて、私が小さかった頃はよくそのお宅にお邪魔した後に奉還町商店街に行っていたものです。
その当時のお店や目にしていたものがいまだに残っていて、すんごく懐かしい。
知らず知らずのうちに奉還町商店街とはご無沙汰しちゃっていましたが、「ONSAYA」というカフェが気にいってたまに行くようになって、今回のイベントで一気にご縁が戻ってきたような感じ。
こんなに奉還町に居たのって初めてじゃないかなぁ。
目いっぱい奉還町商店街を堪能いたしましたよ。
今回は、はじめ「午前1回、午後1回の計2回ぐらいにしましょうか」ということだったのですが、午前1回、午後2回の計3回、路上ライブを演らせて頂きました。
通常は楽器の説明等を織り交ぜながら演奏するのですが、今回は楽器の説明を書いた立て看板らしきものを立てて、その傍でどんどこ曲を弾く、という形で演らせていただきました。
いいね、喋らないですむライブも。(笑)
勿論、その場で尋ねられればお答えしたり演奏後にお話したりしましたが、通常よりはさくさく演奏して進行する感じでした。
(演奏中に話しかけられるのには流石にお答えできませんでしたが…^^;;)
いつもなら30分で5曲くらいなトコを7曲演奏。
自転車の方まで止まって聴いて下さったり…目の端で反応を感じながら弾くのがまた面白かったです。
お聴き下さった方、お世話になったスタッフの皆さま、商店街の方々、本当にありがとうございました!!m(_ _)m
すごく楽しくて心地よいイベントでした。

んで、ライブの合間に奉還町商店街を堪能させていただきました♪
私と同じ日に路上パフォーマンスをされた「ふぉじさん」。
nikki159.jpg
仮面を付けて踊りながら練り歩き。この怪しさ、めちゃ好きです!(笑)

お昼はONSAYAで懐かしの鉄板ナポリタン
nikki160.jpg
ときどきおコゲが出てくるのがイイのよね。

のりたまさんのクレイアート。
nikki161.jpg
すんごい可愛い作品ばかりで、木曜日に引き続き、日曜日も観に行きました。ちっちゃいのにみんなポーズや表情が違うのです。
nikki162.jpg
私も皇帝ペンギンの親子ちゃんを購入。もう一羽チビちゃんをおまけして下さいました♪

ずっと以前、SYNERGY73の展示会で拝見した佐藤嘉彦さんのマスクが展示されていました!
nikki164.jpg

nikki165.jpg

nikki166.jpg
何の違和感もなくマスクが展示されております。(笑)
此方も木曜日に続いてお邪魔させていただきました。
というのも、木曜日に行った時にはカメラを忘れてて、せっかくタイガーマスクを被らせてもらったのに撮影してもらえなかったのです。
…ということで。
nikki163.jpg

nikki167.jpg
ご満悦。(笑)

そしてそして。
ずーーーーっと探していた本を「映画の冒険」さんで発見!!!
nikki168.jpg
ぎゃは~!ゲットーーー!!!
「美女シリーズ」を演っていたころのクールでニヒルな天知さんも素敵ですが、若かりし頃のお写真も…素敵すぎ素敵すぎ…
今頃はそこそこな容姿の人が多くなった代わりに「息をのむような麗人」は居なくなったなぁと思う今日この頃。
こういう品性と色気を備えた役者さんも今となっては居ないような気がする。
…ということで、私の中の天知茂ブーム・再燃です!!(笑)

そして、もう一つのマイブーム「たくあんサラダロール」。
nikki169.jpg
木曜日に買って帰ったら思いのほか美味しくて、家族にも大好評だったのでまた買いに行きました。(今回は家族からの指令もアリで。)
しかし岡山木村屋のお店に行ったら岡山県民のソウルフード「バナナクリームロール」を買わない訳にはまいりませぬ!!
(ほかのメーカーのバナナクリームロールはダメなのです!岡山木村屋のでないと!!)
ということで、パンをひと抱え買って帰りました。(^^;)
テルミン&マトリョミン | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。