おばおばのたわごと

自他共に認める多趣味人間・おばおばによる道楽日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

今更ながらのお正月おのぼりレポ――天知先生のお墓参り

ワクワクな1月2日を過ごした翌日。
今回のおのぼりの目的その2を実行!それは…
天知先生のお墓参り!!
ホテルの近所のコンビニで線香等を購入して向かいました。
駅から結構距離がありましたので、iPhoneのマップを見ながら「さあ、見つけることができるかな!?」とオリエンテーリング気分でずんずん歩き…辿り着きました、墓地――!!(^0^)/
新年早々、墓地見つけて喜ぶ女。(笑)
なんだかなぁと思いますが、その中に入って天知先生のお墓を探して彷徨う女もどうかと思う…(^^;;
墓地の中をぐるぐる~と歩きまわってついに墓所発見!
名前も戒名も合ってる、間違いない!…って分かったときには「ようやくお会いできましたね…」とシミジミ。言い知れぬ感慨を覚えました。
バケツにお水を汲んで、持参した手拭いで拭き拭きしていると、なんだか先生自身を拭いているような気がしてドキドキ・・・ワタクシの尊敬する御方の1人・カジポンさんが墓マイラーである理由が分かった気がしました。(*^^*)
掃除とお花の水換えが終わって線香をお供えしてからフミヨで奉納演奏。勿論、「アノ曲」。
嗚呼、ワタシ、先生の御前でマトリョミン弾いてる…(←怪しさ満載。)
しかーし!殆ど弾き終る頃に人の気配が…!
「御墓の前にマトリョーシカに手をかざす女」はいくらなんでも怪しすぎる!(笑)
ササッと手ぬぐいに持ち替え、正月に墓参りに来た親族的な違和感のなさを演出しようと努めたのですが、とても人の良さそうなおじいちゃんがすれ違いざまに…

「今日はコーヒーじゃないんだねぇ」

・・・ぅぅっ、バレてる。(笑)

アマチストの墓マイラーは大抵タバコとかコーヒーをお供えするらしい。
今でもお墓参りするファンが絶えない、ってことなんだなあ。なんだか嬉しい。

20110102-14.jpg

達成感を覚えつつ東京駅へ移動、昼食をとりながらiPhoneで箱根駅伝情報をチェックしていて閃きました。「今の時間、もしかしたら観れるかもしれないじゃん、箱根駅伝!」
…ということでサササ~っとご飯を済ませて移動。
足早に歩いて向かっていると見えてきました、人垣が!
人垣の中に紛れて程なく「1位が来た」とザワザワしだし、ドドッと人垣が崩れて沿道に雪崩れた拍子にまずまずの位置におさまりました(笑)
20110103-3.jpg
速い!
20110103-5.jpg

TV観ながら「一度は実際に観てみたいなあ」と思っていたのが叶って嬉しかったです。(^^)


スポンサーサイト
天知茂 | コメント:0 | トラックバック:0 |

今更ながらのお正月おのぼりレポ――新春浅草歌舞伎

こんな時期になってからのアップもなんですが、今年の正月はいつもと違う過ごし方でしたので今更ながら書いてみるとします(^^;

いつもは1月1日は家から一歩も出ずor出ても氏神様へ初詣&倉敷をちょこっと散策、夕方は笑点観る、2日と3日は箱根駅伝…と、かなりインドア派な過ごし方だったのですが、今年はナント1日からおのぼりさんに!
2日はチョット早めにホテルを出て浅草寺へ詣でてから浅草公会堂へ。
20110102-3.jpg
この日初日を迎える新春浅草歌舞伎、公会堂前で出演者らによる鏡開きを行うとのことでしたので、背中にカイロを貼った完全防備で出待ち(^^)
おかげで皆様の御姿をもれなく拝見することができました。
20110102-4.jpg
20110102-5.jpg
20110102-6.jpg
20110102-7.jpg
20110102-8.jpg
20110102-9.jpg
20110102-10.jpg
20110102-11.jpg
20110102-12.jpg
出演者同士の「よい雰囲気」が伝わってきて微笑ましかったです(^^)

この日は昼・夜通しで拝見。
愛之助さんは「三人吉三巴白浪」では和尚吉三を、「壺坂霊験記」では沢市を、「黒手組曲輪達引」では紀伊国屋文左衛門を演じていらっしゃいました。
和尚吉三も沢市も坊主頭、昼夜通して坊主頭…でも素敵(^^)
「三人吉三巴白浪」は因果応報の物語。歌舞伎では「因果だなぁ」というお話はよくあるのだけど、この作品は複雑でありながら全てが繋がっていくさまが実に凄い。
いつもはイヤホンガイド使わないのですが、今回は出演者のトークも聴けるとのことで利用してみたら、和尚吉三が手にかけるおとせと十三郎の襦袢の柄についてとか当時の双子に対する考え方とか「へえ~!」とためになる話題がいっぱい出てきて、「イヤホンガイド、結構面白いなあ」と良さを発見できました。
七之助さんのお嬢吉三がホント綺麗だった(^^)
「壺坂霊験記」でのお里の演技を見るとその演じ分けが良く分かったのですが、お嬢吉三は「女装している男」なので姿は女性だけど中性的な雰囲気を漂わせている。お坊吉三との絡みを観てると腐女子の血が騒ぎましたわ~(笑)
そして「壺坂霊験記」のお里は旦那さま一途な健気で可愛い美人妻。何度も「お里、可愛い~!」とキュンキュンしましたし、「黒手組――」では気品漂う美しき花魁・三浦屋揚巻…良いねえ、七之助さん。この御方も将来が楽しみな役者さんです。
愛之助さんも数奇な因果に翻弄され苦悩する和尚吉三、盲目であることを思い悩み、妻の将来を思って谷底に身を投げる座頭の沢市、喧嘩早い花川戸助六を諭す紀伊国屋文左衛門…と、昼夜を通しての大活躍(^^)
今回の沢市&お里夫婦は観てるこっちが甘酸っぱい気分になるようなほんに初々しい二人で、奇跡が起きた後の喜びっぷりを観てると此方までウキウキ、とっても幸せで嬉しい気分にさせて頂きました。
花川戸助六の恩人である紀伊国屋 文左衛門はほんのちょっとの出番でしたが、和尚吉三や沢市とはまた違った落ち着いた大人の風格を漂わせていていて存在感がありました。
(「黒手組――」は何と言っても亀治郎さん大活躍の作品ですよね。冒頭、あんなに笑わされるとは思いませんでした(笑))
亀治郎さん、七之助さん、そして愛之助さん…御三方の将来が本当に楽しみだなあと思わせてくれる、華やかなワクワク感いっぱいの舞台で新年の一日を過ごすことが出来て、とても幸せでした。
歌舞伎 | コメント:0 | トラックバック:0 |

怒涛の三連休・松竹座二月大歌舞伎鑑賞

先の名古屋行きの日は三連休一日目。
その日の夜に地元へ帰り、翌二日目は午前中、出勤。
午後から大阪へ移動し、DTM教室の体験レッスンを受けた後、とめさんと「なら瑠璃絵」を観に行きました。
ガイドマップに載っていた「夜の阿修羅」の言葉にひかれて興福寺国宝館にて久しぶりに阿修羅を鑑賞。しかし、考えてみると此処は夜も昼も暗いので「夜の」もへったくれもなかったのでした。(^^;
(だけど「夜の」って付くだけでなんだか妖しい雰囲気が漂ってきません?(笑))
綺麗なイルミネーション、とーっても美味しい「しあわせココア」、今年初めて観た梅の花…奈良の夜を堪能した後、大阪へ戻って宿泊。
三日目は心斎橋のアップルストアでMac book proの見積もりをしてもらった後、mamiさんとランチ。
楽しく美味しい時間を過ごした後、京都へ移動、てるみにゃんさんたちのほっこり温かいテルミン&マトリョミンライブを観てから再び大阪へ戻り、松竹座にて二月大歌舞伎夜の部を観劇。
「盟三五大切」。
仁左さまと愛之助さんが一緒に拝めるとは何と幸せな舞台!
とっても素敵なお二方…どちらを見るべきか目が迷う迷う。(笑)
今回のお席が花道七三どんぴしゃの席だったので花道上での演技が大迫力で拝めて、「わわ~、愛之助さんのおみ足~!」「おお、仁左さまの鼻の穴!」(いやいやいや、観るトコが違う ^^;;)…と興奮しっぱなし(^^;
二人が寄り添うラストシーンなど「うわ~、やっぱりこの二人、親子じゃない?」などと内心ドキドキ…邪な見方で申し訳ない(汗)。
しかし、物語もしっかり堪能、演技の妙も合わさって、終わってしまうのが惜しいくらいの面白さだったです。
陰惨なんだけどどこか美しい大量殺戮シーンもあれば笑わせる箇所やほのぼのするところもあったりして。いろんな要素が入ってます。
根っからのワルじゃないんだけど勘当を解いてほしい一心で悪事を働いてしまう三五郎を演じた愛之助さん。よかったねえ。美しくないと色悪はつとまりませんよね。
源五兵衛(=仁左さま)から百両を騙し取ろうとするシーンや小万の夫だとバラすシーン等での表情の演技やふっと悪の色気が漂う目もと…ヨイねヨイね!(^0^)
しかし、なんといってもこの演目は仁左さま演じる薩摩源五兵衛(実は不破数右衛門)が凄かった!
はじめは芸者・小万にうつつを抜かす気のイイ浪人者だったのが恨みにとり憑かれた幽鬼のようになるさまが凄まじく、己を騙した三五郎・小万夫妻の住処を見つけたときの「見つけたぞ…」という目の演技には背筋が凍るような戦慄を覚えました。
そして、可愛さ余って憎さ百倍、小万を何度も斬り苛んで殺した後、その首を懐に花道を去るシーン…愛しそうに首を撫でさすりながら見つめる様がなんとも哀しかった。
「八つ墓村」の多治見要蔵ばりの大量殺人シーンを演じる仁左さまの手にかかってしまう小万さん、騙した源五兵衛に「申し訳ない」とは思っていても最後まで夫・三五郎一筋だったのが良かった。三五郎と小万の仲睦まじさをあらわすシーンが随所にあったけど、それがこの物語の悲惨さを際立たせていると同時に、癒しのシーンでもありました。この二人が仲良くしてるシーンはどれも好きだったなあ。

こうして、名古屋→岡山→大阪→奈良→大阪→京都→大阪→岡山…の、怒涛の三連休は終わったのでした。
歌舞伎 | コメント:0 | トラックバック:0 |

「とんまつりJAPAN」プチ紀行

今日はマトリョミンアンサンブルMableの合奏練習のため、名古屋へ。
朝5:00に起床、外を見てみるとうっすら雪が積もっていましたが、「折角名古屋へ行くのだから…」と、かねてより行ってみたいと思っていた場所へ行く為に当初の予定通り6:00出発。
倉敷から名古屋までの間、何処も雪で真っ白でしたがその影響もさほどなく、スムースに名古屋に到着、名鉄に乗り換えて向かいました…「田県神社前」。
20110211-12.jpg

※ここからはシモネタ(!?)満載ですので、ソノ手の題材がお嫌いな方はここから先、読まれないことをオススメいたします。m(_ _)m※

コトの発端はこの本。
20110211-1.jpg
「とんまつりJAPAN」…みうらじゅんさんの日本各地のとんまな祭り=とんまつり紀行本。
この本で読んでから気になってしょうがなかった田縣神社の豊年祭り。
ホントは祭りを観に行ってみたいけど、お祭りは休日の日でない限り無理。なので、せめてその神社だけでも…と行ってみた次第です。
「見仏記」読んで五百羅漢寺(東京)へ行って以来の、みうらさん本絡みの旅です。

☆田縣神社の豊年祭り(You Tube)
http://www.youtube.com/watch?v=BI6CuXd-8N4

田縣神社前駅に降り立つと思ったよりも激しい雪。
寒さに弱くて雪に慣れてない私、傘をさしつつ歩いても体に雪が吹き付けてくる状況に「…えらいことになっちゃったな」と一瞬弱気になりましたが(笑)、「此処まで来んだから行かんでどうするんじゃ!」と思い直し、雪で滑りそうになりつつ神社へ向かったのでした。
20110211-2.jpg
到着~!!
此処であの奇祭・豊年祭りが開催されるんだあ…今は深閑としてるけど、一ヶ月先のお祭りには海外の方々も来て大賑わいなんだろうなぁ、と思いを馳せつつ境内へ…
あの神輿に乗っている大きな「大男茎形(おおおわせがた)」が祀られている社等は「撮影禁止」の札があったので撮影できず。
(しかし、撮影している人がいらっしゃったのでこちらを参考に…
http://www.yumemusubi.com/mori/jinja/aichi/tagata.htm 
一応、賽銭を投げて手を合わせるが、此処に相応しいお願い事ができない自分に苦笑。(^^;
こんなに願い事が無い参拝、初めてだなあ。(笑)とりあえず全然関係無いお願い事をしておきました。

撮影不可の奥院の脇に行ってみると「珍宝窟」なるものが。
ほうほう。これも本に乗っていたなあ。
見てみれば此処は「撮影不可」の札がないので、ここぞとばかりに撮影してみました。(後で「おさわがせしました」と謝って帰りましたが^^;)
☆「珍宝窟」全景。
20110211-3.jpg

☆左右の玉で願い事が違うとな。
20110211-4.jpg

☆賽銭を入れたら珍となるわけね?
20110211-5.jpg
(☆…ということで賽銭を入れてみて「チ~ン!」と鳴る様子を撮影した映像をmixiの方にはアップしております(^^;;)  

周りに土産屋は・・・と思って歩いてみると、お隣のスーパーの中に土産物コーナーがあるとの看板が。
おお!と思って入ってみると…
20110211-8.jpg
あったあった、噂に聞いていた「子宝飴」!
全長10センチ近くはあろうかという大きなものからフツーの飴くらいの小さなものまで…色も様々です。
20110211-9.jpg
子宝飴の集団を目の前に立つ女ひとり。
真剣に物色する自分の姿を考えるとなんともいえない気分になるが、「折角来たのだから」と思うと勇気が出るというもの。(^^;
…とはいうものの、「せっかく来たのだから一番大きなのを」とは思ってみても、ソレを食べる自身を思い浮かべると「…うへぇ~」と思ってしまって手が伸びず。(笑)
(いや、そのサイズ自体、シャレになりませんから!)
なので、可愛いピンクのを記念に買ってみました!
(しかし、当分食べる気しないと思う。)
20110211-10.jpg

お土産にお饅頭でも…と思いましたが、「キャ~!」とは言われても食べてもらえそうにないなと思い直し、購入しませんでした。(笑)
20110211-11.jpg

とりあえず彼の地へ行けたという達成感は覚えましたが、やっぱりお祭りを観てみたいなあと思った小旅行でした。    
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

テーマは「挑戦」ということで

去年11月のコンサートが終わってから「来年のコンサートは5回目の節目を迎えることだし、『挑戦』をテーマにしよう」ということでプログラム等、色々練っているのですが、私自身も「挑戦」せにゃ!ということで今年の1月からピアノを習い始めました。
中3の発表会のときにやめてから20ウン年ぶりのピアノの稽古。(笑)
ず―――っと前から「やっぱりピアノ弾けないとなあ」「いつかはまた取り組まにゃならんよな」と思っていたのになかなか踏み切れずにいたのですが、昨年の11月に公演が終わった後で色々考えることがあったり、年末に愛之助さんが凄い挑戦をされているのを目の当たりにしたのを機に発奮。「よしっ!」と重い腰をあげることに決めたのでした。

今通っている教室を知ったのはインターネットで。
職場の帰りに寄れる場所で、夜に大人のクラスがあって、ピアノのレッスンだけでないニーズにも応えてくれそうな教室。
昨年末に連絡をとって、体験レッスンを受けに行って即決めました。
というのも、その体験レッスンのときに音楽教室の主催者さんがマイミクShimonさんの先輩で、そのShimonさんのことをよくご存知だったというのが分かってご縁を感じましたので。

トランペット吹くのでト音記号の譜面はまだ読めるものの、ヘ音記号のほうがからきしなのでソレに慣れるのとリハビリの意味も込めて、大人から始めるピアノ教本的なものから始めてみましょうか、ということでレッスン開始。
ヘ音記号の楽譜を読むのも久しぶりなのですが、20ウン年眠っていた左手が…ピアノ筋がすーっかりなくなっとる!(笑)
しばらく弾いていると疲れて言うことをきかなくなる左手さんでしたが、最近やっと慣れてきたように思います。

そんなこんなで、今回のお稽古にてその教則本一冊終了。(^^)/
「これからどうします?(主催の)先生と相談してみたんですけど、どんどん曲をこなしていきますか?それとも実力よりもちょっと上の大きめの曲を弾いていきますか?」
…うーん。譜面を読むのに慣れるのなら沢山曲をこなしていく方がイイんだろうけど、演奏の技量を上げるなら「実力よりちょっと上の曲」に取り組む方がイイのかもしれない。
「次は何の曲を弾きましょうかねえ~」と先生と楽譜を見ながらあーでもないこーでもないと相談しつつ決めたのはドビュッシーの「亜麻色の髪の乙女」。
ついいましがたバイエル初級程度の教則本を終えたばかりのヒトがなんと大それた…(笑)
(しかも簡易にアレンジした楽譜ではない。)
いや、さらにもっととんでもないことが。
先のレッスンのときに「今年の6月に発表会があるんですよ」とお話を頂いて吃驚!
「私、始めて一ヶ月も経ってないですよ!?」
「大丈夫ですよ、半年もありますし。(いや、もう半年切ってますから^^;)」
…てなことで発表会に出ることになりました。
「何か弾きたい曲がありますか?」
と尋ねられて、咄嗟に「・・・Queenの『ボヘミアン・ラプソディー』です」と言っちゃいましたが(笑)、楽譜がないので断念。(ピアノソロ用の楽譜は只今出ていない状態で、密林で売られているのは「出品者より¥18000」のシロモノ。)
青島広志さんの「ビートルズの主題によるソナチネ」とかいろいろ考えてみたのですが、今回決めた曲は菅野光亮さんの「ピアノと管弦楽のための組曲『宿命』より抜粋」。
そう、あの映画「砂の器」の音楽です。
小学生のころからこの曲が好きで好きで、「いつか弾けたら」とゲットしていた楽譜が役立つときが思ったよりもずいぶん早くやってきました!(^0^)
以前の日記でも度々書いていると思うのですが、ドラマ版自体もその音楽も認めていないワタクシ、「砂の器」というたら映画版!音楽も菅野光亮さんの「宿命」!!
かなり歯応えあるアレンジですが、亜麻色の髪の乙女と同時進行で頑張る…なんていきなりハードな展開(^^;;; そうとう頑張らなにゃー。
(しかも発表会ではそのドラマ版の「宿命」を弾く人がいるらしい。聴きたくないから逃げ出すかも(笑))

そしてそして、12日(土)にはDTMの体験レッスン受けに大阪へ行きます。
「挑戦」は続きます…

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。