おばおばのたわごと

自他共に認める多趣味人間・おばおばによる道楽日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

雪騒動&大阪レポ




いやー、雪が積もっちゃいましたね!!
・・・って、昨晩のことなんですけどね(^^;)
昨夜、大阪から新幹線で戻ってるとき、もうすぐ岡山駅ってところで荷物かついでデッキに出たら、前に並んでいる女の子3人組が私に「雪ですよ!」って窓を指さすので見てみると、ナント岡山県南では非常に非常に珍しい銀世界が眼下に広がっているではありませんかッ!
うわ~・・・確かに、行きの高速バスで運転手さんが「只今の雨が雪になるかもしれません」って言ってたの当たっちゃった・・・明日、仕事行くの大変だぞ。(雪に全く慣れてない岡山県南でうっすらでも雪が積もろうものなら、交通が麻痺してしまうので。)
・・・と思いつつ、乗換えで在来線ホームに下りてみると、雪のせいで電車が遅れてて、いつ来るかわからない様子。
白い息をブワ~と吐きつつ、ひたすらホームで待ってると、やっとこさ電車到着。
やれやれ、これで家へ帰れるぜ・・・と思ったけど、最近「夜になると見えにくい」というリアルフミヨちゃんに雪道を運転させるわけにはイカンよな、と思い、倉敷駅に到着してタクシー乗り場へ行くと、タクシーが全然居ない!!
いつもは駅前通りをズラ~~~~~っと列を成して待ってるタクシー、今此処に来たら儲かるよッ!!と思ったけど、この雪の中で運転するのが怖い人たちのために出払ってしまっているらしい。
係員さんから「いつ来るかわからないよ」と言われつつも、タクシー待ちの長蛇の列に加わり、雪が降るのをひたすら眺めながらタクシー待ちました。
在来線が大幅に遅れた上にタクシーが来ないなんて・・・ホントはもっともっと早い時刻に帰宅できるハズだったのに。
目の前の駅コンビニの明かりが消えて、あたりが暗~くなったときはチョット切なかったぞ(笑)
やあぁっとタクシーの順番が回ってきて自宅へたどり着いたら日付が変わってました。

さてさて。そんな大変な結末が待っているなど知る由も無かった日曜日、マトリョミン教室と竹内先生のテルミン教室を受講しに大阪へ行っておりました。
少し早めに大阪へのりこみ、ヨドバシカメラで電化製品を物色したり(電気屋さん好きなんですよ~。電化製品見てると面白い。)、貴和製作所でビーズを物色したり。
グランヴィアのカフェレストランでオムライスをいただいたあと、ハービスENTのJEUGIAへ竹内先生とマーブルのインストアライヴを観に行く。
よい席を確保するためにと早めに行くと、リハーサルの真っ最中。
其処でマイミクのえふおうさん発見!さすがです。(^^)
コンサート直前にはマイミク・wariさんにもお会いすることが出来ました。
リハーサルも本番もじっくり拝見することが出来ました。はじめはちょっと弾きにくそうな感じでしたが、だんだんと調子が上がってきたようで、「ラシーヌ賛歌」は昨年の海遊館よりもずっとよい出来だったと思います。

終演後、wariさんと梅田の地下をブラブラ。
ぼてぢゅうで腹ごしらえし、「チョット早いけど、竹内先生にバレンタインプレゼント買う?」という話になって、ワタシはニャンコグッズセット、wariさんはニャンコ形クッキーを買う。
地上に出て、寒さと雨にひぃ~と言いつつも近代建築のビルを堪能しながら歩いているうちに中之島公会堂へ到着。
「うう、いよいよだぁ・・・」
ゴッドにレッスンしてもらうのって今回が初めてだったので、緊張。(笑)
レッスンを終えて生徒さんが退室されたのですが、私のレッスン時間までにはもう1クラス分時間が空いてるけど受講者がいない様子。
しばらくしてから竹内先生がひょこっと出てこられて、「ちょっと早めですけど、始めましょうか」と言われ、条件反射的に「ハイッ」と言ってしまったが、内心「心の準備が・・・」とややうろたえる。(笑)
今回レッスンしてもらおうと思ったのは、ドビュッシーの「月の光」だったのですが、弾きはじめてすぐに伴奏を止められて「他に得意な曲は無いですか?」と訊かれたけれど、「得意」と言われると得意な曲って無いなぁとあらためて気付き、またうろたえました。(苦笑)
「ええと、得意というわけじゃないんですけど、この前は「亡き皇女のためのパヴァーヌ」やりました」
「フランス近代の曲がお好きなんですね。・・・実は、私はフランス近代の曲が最も苦手なので、きちんと教えることが出来ないと思うので、他の曲は無いですか?」
「う~~~~ん・・・その前は「ジュ・トゥ・ヴ」とかやったんですケド・・・(これもフランスものだよね・・・と思いつつ^^;)」
「じゃあ、それやってみましょう」
ということで、曲目変更。先生はフランス近代の曲が嫌い、というわけではなく、「弾けと言われれば弾けるけど、納得できる演奏が出来ない」という意味だったみたい。
「ジュ・トゥ・ヴ」、最近弾いていなかったので一抹の不安があったものの、弾いてみるとマァ無難に弾けて、ひとまず安心。
「キャリアのわりによく弾けていると思います」の後から始まりましたよ、指摘がブワーーーーーッと!
(マトリョミングレード試験の結果&コメントの「一応褒めた後にコメントがドーン」ってパターンと一緒だ/笑)
「もっと左手の動きに神経を使うべきです。」
「右手はちゃんと出来ていますから、テンポの速い曲よりも、ゆっくりとした、左手の動きのトレーニングが出来るような曲を選曲したほうがいいです。」
などなど、的確なコメントがポンポン出てきて、「コレ、これよっ、私が求めていたのはー!」とウットリしてしまう。(笑)
今回、一番の課題となったのが「ポーズ」という左手の技法。
内容を聞いてみると、ずっと以前にフレンズオブテルミンの練習会でcozy先生がちょろっと教えてくださったことと同じことなんだ、と気付いて、そのとき言われたことと目の前で言われていることが繋がりました。ナルホド。
「この技法をやるには、「ジュ・トゥ・ヴ」だと早すぎます」ということで、今度は「モスクワ郊外の夕べ」を弾いてみることに。
演奏に「陰」と「陽」の部分がそれぞれあるとしたら、私の演奏は「陽」の部分が圧倒的に多すぎる、とのこと。
曲全体がテヌートになっちゃってて、「陰影の少ない、白っぽいのぺっとした絵」みたいになってる。
強奏部はまだいいのだけど、曲の冒頭、特に弱奏部は「ポーズ」を効果的に使って「陰影」をつけることが必要・・・
そう、ソレは弾きながら「ダラダラした演奏だよなあ・・・どうしたらいいのかな」って思ってたので、どうしたらよいか凄く知りたかったこと!
良かったダスーーー!大収穫ダスーーーーー!!!
「おっしゃ、これから練習しよう!!」ってやる気がバーンと出ましたヨ!!(^0^)
難しいけど頑張りますゾー!

テルミンのクラスの後にもマトリョミンのクラスでも「いろいろ言っちゃってすいませんね」「キツいことも言うと思うけど・・・」とか仰っていましたけど、全然全然!
そんなのキツいうちになんか入りませんって!!(某所で打たれ慣れてる^^;)
それに、「愛のあるコメント」ですしね。(コレ、重要。)
今回はいろいろ言っていただけてホント、ヨカッタ。
時間に余裕があったのと、課題曲がポンポン変わってしまったことで、少し長めにみていただけたこともヨカッタ。
マトリョミンCクラスではこれでもかというくらいバンバン合奏できて、これまたヨカッタ。
うむ。今回を糧に更に伸びることが出来るように頑張らなくちゃね。
スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<明日は今年初の本番♪ | HOME | 食い気より色気!?>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。