おばおばのたわごと

自他共に認める多趣味人間・おばおばによる道楽日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

土日の出来事

土曜の夜はキモノ・マトリョミンデュオ「マトリョミンsistersフミヨとマチ子」のライブデビュ~の日でした!
仕事から帰宅して、大急ぎで11月のイベントの告知ペーパーを作成して出発。
岡山駅でwariさん&相方さんと合流。
主催者さんが用意してくださったホテルで、wariさんと一緒にお着替えしました。
連日連夜の着付け練習の甲斐があって、ちゃんと着ることができてひとまずホッ。(「着物を着る」というのが、私にとっては一つめの大仕事だったんです)
今回のこの機会で「自分で着物を着れるようになる」という長年の願いが叶ってヨカッタです。
22:00すぎ、というこれまで経験した本番で最も遅い時刻に会場入り。(笑)
はじめはお客様少なめだったのですが、フミヨとマチ子が出る頃には増えてました。
極度に緊張することなく、時間とともに平常に近い精神状態で演奏できたのですが、「怪しい音程を誤魔化し誤魔化し弾いたな」という自覚があったので、ホテルに戻ってからwariさんが録音してくださったMD聴いて「ヤッパリ・・・」と少し凹む。
やっぱり、楽器と奏法のインパクトに頼らず、ちゃんと胸のはれる音楽を奏でたいという思いを新たにしました。
あと、相方・wariさんの音をちゃんとマイクが拾っていなかったことがすんごい残念!
MD聴いたときに「・・・聞こえない」と思ったのですが、録音の具合かな?会場では聞こえてたのかな??とも思ったり…だけど、wariさんの日記でマイクが死んでたことがわかってショック~~~!!!
やっぱりサウンドチェックは必要だ、ということを痛感しました。
次の機会(があってほしい!)には絶対に気をつけよう…経験を活かさなくてはね。
演奏後、マトリョミンを持って客席に戻ったら、いろんな方からマトリョミンについての質問を受けました。
予想以上の食いつきのよさに吃驚!
すかさず、11月のイベントについて持参したペーパーをお渡しして宣伝いたしました。
「絶対行きます!」って言ってくださった方も居て、感激。
ますます頑張らなくちゃ!ですね。
舞台に立てたこと、マトリョミンに興味を持ってもらったこと、着物を着れるようになったこと…機会を与えてくださったwariさん&相方さんに感謝感謝!!デスm(_ _)m

イベント終わってホテルに戻り、5:00に就寝。9:00に起床。(笑)
主催者さんとゲストさん達と一緒に「だて」へドミカツ丼を食べにご一緒させて頂く。
岡山名物・ドミカツ丼、ずーっと食べたいと思っていて、カイロプラクティックの先生が「『だて』がイイよ」っておっしゃっていたので願ったり叶ったり!
そばとドミカツ丼の半々セットを頂きましたが、どちらもめちゃめちゃ美味くて幸せ気分に~
以前、日記で書いた「NATIONAL DEPARTMENT STORE」へパンを買いに行き、いつもの通り沢山試食させていただいてこれまた幸せ気分。
帰宅してから、wariさんの相方さんから頂いたお誕生日プレゼントのCDを拝聴
一枚は、1920~40年代SP盤から選りすぐられたらしい、外国大衆音楽集。イージーリスニング黎明期な感じの音楽の数々。和みます。フニャ~としたテルミンっぽい音の曲もアリ。(テルミンというよりもミュージカルソウっぽい。)
もう一枚は「Quiet Village」「Taboo」「Caravan」の三曲のみを、色んなアーティストの演奏でグルグル7通り聴かせてくれるアルバム。どの曲も大好きだし、アレンジがホントに様々なので聴いてて飽きないしすんごい楽しい。「昔の電子音」もいっぱい聞けて幸せ。昔の電子音って暖かいし、曲が電子音のカタマリになっていないのがイイ。曲の中のアクセントというか、スパイス的に使われているくらいが心地よいです。
これで当分楽しめそうです。ありがとうございましたー!
スポンサーサイト

テルミン&マトリョミン | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ちかごろ眠いです | HOME | 久々にテルミン教室へ>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。