おばおばのたわごと

自他共に認める多趣味人間・おばおばによる道楽日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

イロイロ不安です

今月、NHK-FM,フミヨとマチ子in京都、と毎週テルミン関係の本番が続いておりますが、実は今週も土曜日に人前で演奏します。
岡山市民文化大学で。
多分、講演前の「コミュニティ・タイム」での演奏になると思うのですが・・・
今回はマトリョミンではなくてテルミン弾きます。
去年の「マトリョミン・コンサート」にお越しくださったピアノ弾きのかたからお誘いいただきまして、その方の伴奏で3曲披露する予定。
今年は積極的に人前でテルミンを弾く機会を設けていこうと思っていたのでありがたい話ではあるのですが、いろいろと不安なことが・・・
「演奏が不安」っていうのは勿論の話なのですが(^^;;)、それ以上に不安なのが「会場が大きい」ということ。
その会場というのが、岡山シンフォニーホールの大ホールなんです(!)
私なんぞの分に過ぎた会場であるのも悩みの種なのですが、なにより一番気になるのが音響のこと。
一応、アンプからの音をマイクで拾ってもらうお願いはちゃんとしているので会場へ音が行き渡るとは思うのですが、自分の音がちゃんとモニターできるかどうかがすっごい気になっているのです。
先月、ショッピングセンターの吹き抜けで演奏したときにもすこーしモニターしにくいなって感じたので、よけいに不安になってます。
(↑のときと同じくらいのレベルでモニターできるのなら何とかなるとは思っているのですが・・・)
音を出す上の目安になるものが何も無いので、自分が奏でている音が小さい音でもちゃーんと聞こえないと演奏不能になってしまうので「モニターできるか」っていうことはすんごい切実なのです。
当日はホール付きのPAさんが居るとは思うので、その方たちが頼りなのですが…
あと、例の伴奏の方と一度も合わせていない(!)というのもチョット・・・(^^;;;)
「3月は忙しくて時間が取れないので、4月になってから合わせましょう」というメールをいただいていたのですが、結局、本番当日のリハでごたいめ~ん!ということに。(爆)
・・・プロってそういうもの??(汗)
いやぁ、普通の楽器と合わせる、っていうのとはチョット事情が違うんじゃないかなぁって思うんですケド…私だけがすごーく危機感覚えてるような気がするんですケド・・・
嗚呼、オソロシイ。
スポンサーサイト

テルミン&マトリョミン | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<定期演奏会が迫ってまいりました | HOME | フミヨとマチ子in京都>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。