おばおばのたわごと

自他共に認める多趣味人間・おばおばによる道楽日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

女真珠王の復讐

「女真珠王の復讐」(1956年・S31年)
三信貿易に勤める有能な社員・木崎芳男(=宇津井健)と香川夏岐(=前田通子)は社内恋愛真っ最中のラブラブカップル。
夏岐が浅沼専務(=藤田進)の渡米に同行して出発した後、三信貿易社長殺害と1500万円紛失の容疑で木崎が逮捕されてしまいますが、それは浅沼専務とその部下・野口吾郎(=丹波哲郎)の謀略による濡れ衣でした。

洋上の夏岐達の元にも木崎逮捕の報がもたらされ、木崎と恋仲であった夏岐にも共犯の嫌疑がかけられますが、浅沼専務は「自分の証言によって事態をどうにでも出来る」と夏岐を脅し、我が物にしようと襲いかかります。
夏岐、貞操の危機!
エロ上司の手を逃れようとして夏岐は海に落ちてしまいますが、スクリューに巻き込まれることもなく奇跡的に南海の孤島に漂着。
同じく1年前に漂着していたカツオ漁船の乗組員5名に救われます。
この5名の漂着者の中に、漁船の乗組員とは思えない華奢な25歳・天知先生の姿が!
これはもう先生というより「シゲル君」と呼んでしまいたくなる可愛らしさ。(笑)
むさ苦しい野郎どもの中でひときわ目立つ眼ヂカラと折れそうな痩躯…異質です(^^;
豊満ボディーのヒロイン・夏岐は1年間女に飢えていた親方達3名に次々と寝込みを襲われますが、可憐なキャシャリン・シゲル君と善意の人・石塚(=沢井三郎)が必死に彼女を守ってくれます。
(さっき漂着したばかりの女性を「命をかけて守ります」と言っちゃうトコがすごい。^^;)
そんなある日、善意の2人の目を盗んで親方以下3名が夏岐を再襲。
あわや…というトコで3名が仲間割れしてしまい、2名は刺殺され、残りの1名はシゲル君と崖上でもみ合う中、足を滑らせ渦潮の中に転落。
それを見た夏岐は、さっき自分を襲った人だというのに救おうと海へ飛び込みます。
結局助けることは出来ませんでしたが、夏岐はその海の中で大量の真珠貝の宝庫を発見!
外国船に助けられた夏岐は2年後、女真珠王・ヘレン南と変名して日本に戻り、三信貿易の社長と専務になった浅沼と野口に復讐を開始するのでした…
(勿論、善意の2人もヘレン南とともに帰国、大活躍いたします^^)

まずは、この物語のヒーローである(ハズ)の宇津井さんの髪の多さともっちゃり具合に吃驚!(笑)
どうして新東宝の主役スターってこんなにモッサリしているのでしょう?
そしてまだまだ原石のような趣の悪役・丹波りんにも吃驚。
tanba2.jpg
往年の輝きはまだ感じられませんでしたが、あの飄々とした独特の言い回しに片鱗を見ましたよ(^^)。
そして初の善人の大役を演じたというシゲル君!
無人島時代…
amachi2.jpg
…から、外国で磨きをかけられて輝くような青年になって戻ってまいりましたよ!
amachi1.jpg
新東宝時代の作品を観るのはこれが初めてなのですが、其処で悪役ばかり演じてきたという天知先生なのにイキナリ観たのがコレ(可憐な善人役)…って入り方が間違っているような気がしてしょうがないです(笑)
スポンサーサイト

天知茂 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<テルミン関連イベントご案内 | HOME | 家族旅行in大阪>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。