おばおばのたわごと

自他共に認める多趣味人間・おばおばによる道楽日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

毎晩観てるよ~

昨夜は合奏。魔法使いのおっちゃんのレッスンでした。
其処へ東京での単身赴任生活を終えて岡山に帰ってきたマイミク・いしぴーが久しぶりに出現!
大好物の両国国技堂「あんこあられ」を下さいました♪♪♪
ウチらのような一般バンドは大人の集まりですから、時には様々な理由でご無沙汰しちゃうメンバーが居ます。
それはそれで活動は行われていくのですが、やはりそのメンバーが帰ってくると「あぁ、いつもの風景に戻ったなぁ」と安堵するような気持になります。(^^)
また一緒に演奏できるのを楽しみにしております♪

帰宅してから「仁義なき戦い 広島死闘篇」を観ました!
今の御姿から想像も出来ないような登場シーンと役柄に吃驚させてくれた北大路欣也ちゃん。
何をやっても裏目人間で終いには捨て駒にされてしまう可哀想な役どころ。
そんな欣也ちゃんとデキちゃう梶芽衣子が兎に角美しく、また哀しい。
梶さんってば「幸薄い」のオーラを常に纏っておりますな。彼女が幸せになるラストって想像できない(^^;
そして欣也ちゃんと同じくらい、いやそれ以上のインパクトを残してくれたのがサニー千葉演じる大友勝利!!おそらくシリーズ最狂(または最凶)のブチ切れキャラ。
気にくわないとことごとく木刀を振り回して毒づきまくる手に負えないあんちゃんですが
「わしらうまいもん食うてよ、まぶいスケ抱くために生れてきとるんじゃないの。」
って、結構世の中の真理をついてる台詞を吐いてます。(笑)
そんな狂犬・勝利も警察に捕まって途中退場してしまいますが、「完結篇」にて出所してまいります。演じるは宍戸錠さんですが、この宍戸版・大友勝利も相当怖いらしい。楽しみです。
しかし吃驚なのが当初は欣也ちゃんと千葉っちの役は逆の予定だったということ。
今となっては「役を交換してよかったね!」と思いますよ、ハイ。
欣也ちゃんではあのブチ切れた怖さを、千葉っちではあのヘタレの哀しさを出し切ることはおそらく出来なかったでしょう。

んで、今夜は続編「仁義なき戦い 代理戦争」を拝見。
「広島死闘篇」は欣也ちゃん演じる山中正治が中心に描かれてますが、今回は見事な群像劇に仕上がってました。
「第3作から俄然話が面白くなってくる」と某所で読みましたが、確かにそのとおり。
前2作も勿論大変面白くて素晴らしいのですが、多くの登場人物達の思惑の絡み合い具合が実に見事なんですね。息もつかせぬ展開にどんどんひきこまれていきました。
それまで義理だ人情だ、最後には悪が滅びる、といったような任侠映画路線が頭打ちになってきたトコでこの義理もへったくれもない実録モノがバーンと出てきて…人々がワッと飛びついたのが分かる気がしました。

実は、此処まで観てきて一番のお気に入りキャラは成田三樹夫さんが演じた松永弘だったのですが、「代理戦争」で堅気になってしまわれました。もっと観たかったのに残念…
しかし、松永氏の引き際の鮮やかさは非常に格好よかった。

今日は「頂上作戦」です。楽しみだー。
(打本のヘタレっぷりと山守の親父の狡猾さにまたイライラさせられるんかのぉ ^^;;)
スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<連休2日間 | HOME | 仁義なき戦い!>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。