おばおばのたわごと

自他共に認める多趣味人間・おばおばによる道楽日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

傷だらけの人生 古い奴でござんす

「傷だらけの人生 古い奴でござんす」(1972年・S47)

昭和6年・大阪。
大観進一家、富士上一家、石切一家の三家が拮抗しながら渡世を張っていた。
満州に遊郭を作って一儲けしようとする満州ゴロ(=渡辺文雄)と憲兵(=天津敏)が大勢の慰安婦を確保するため遊郭がある富士上一家のシマうちを握ろうと石切一家を利用。
渡辺&天津は慰安婦、石切一家はさらなる縄張り拡大…と互いの利害が一致し、石切(=遠藤辰雄)は分家の大西組を斬りこみ隊に富士上一家のシマへ進出する。
大観進一家の若頭・大西栄次郎(=鶴田浩二)は、大西組組長・大西竜三(=若山富三郎)の実兄であり、また富士上一家代貸・宮地安五郎(=長門裕之)とは兄弟分の間柄にあったため仲裁を買って出、一時は丸く収めることが出来たが、石切は竜三を使って富士上一家への嫌がらせを始めた。栄次郎の義理を重んじる安五郎は竜三を殺りに単身石切一家に乗り込むが、返り討ちに遭ってしまう…

天知先生の役は、大西組の代貸・神田良吉。
竜三さん=若山富三郎さんの副官のように常に後ろに控えております。
大人しく控えているだけの人かと思いきや、下っ端の拓ボンたちをビシバシッとシメたり、諍いの後始末をしたり…と、若山さんの下を一手に纏めてる「デキる人」なトコも見せてくれています。
特に安五郎の通夜(敵地ですよ!)に単身で行く、といったシーンは地味ながらグッとくるカッコよさ。
ただ居るだけでも、イイ人なんだなぁっていうのが佇まいからジワジワ伝わってきます。
大西兄弟(兄・鶴田さん、弟・若山さん)と幼いころからつるんでいた気のおけない仲間同士だったのに、兄が大観進一家、弟が石切一家に関わっているために兄vs弟&天知先生、という敵対関係になってしまい、義理と肉親の情の板挟みになって苦悩する大西兄弟の間近で気をもんでいる様がまたまたグッときます。
実生活でも鶴田さん、若山さん両御方からとても可愛がられていた天知先生。
それを念頭に観るとアマチストにとってこれはなかなか美味しいシチュエーションではないでしょうか。(^^)
特に、弟側の事情を知らない兄ちゃんが、筋目の通らないことばかりする弟を「どうせ殺るなら身内の自分の手で…」と母の墓前で殺そうとするところに天知先生が飛び出してきて「やめておくんなはれ!どうしても言わはるんならワイを、このワイを殺しておくんなはれ…!」と涙ながらに兄ちゃんの腕にすがって懇願するシーン。
turuamachi-1.jpg
可愛い良吉っちゃんの涙に、鶴田アニキも振り上げたドスを下ろしてしまいます。
天知先生で今までこういう舎弟キャラのものを観たことが無かったので、あまりのハマりっぷりに吃驚しました。なんと健気でいじらしい。(笑)末っ子の血がなせるワザでしょうか!?
最後、若山さんに向けて撃たれた弾を身を挺して受け止めたり、撃たれたり斬られたりでボロボロになりながら鶴田兄ちゃんに電話をかけて若山さんの窮地を知らせたり…の最後の最後まで忠義者だった天知先生。一度自分を斬った相手を最後の力を振り絞って斬り伏せた後、お亡くなりに。窮地&流血萌えの私はキュンキュンしっぱなしでした(涙)
最期は誰かに看取ってもらいたかったなぁ。ソコがちょっと心残り。

とにかく、若山さん居るところ必ず傍に控えているので、若山さんが映っていればピンボケでも天知先生が観れますし(像がボケてても眼ヂカラが鋭いのでよーくわかる。)、大西兄弟に気をもんでる表情がときにどアップになったり、ラストに突然死に顔がこれまたどアップになったり・・・と、ストーリーへの絡み具合からすると結構扱いがよいような気が。
waka-1.jpg

キレイどころは浜木綿子さんのみ。
酔っぱらいに絡まれてるトコを鶴田兄さんに助けてもらってからホの字(死語?(笑))になるのですが、実は若山さんも彼女にご執心で…と、兄弟から思いを寄せられる美味しい役どころ。かといってドロドロ三角関係に…というほどのことにもならず、野郎だらけの画面に花を添える程度。
どちらかというと始終若山さんの傍にそっとひかえて甲斐甲斐しく働き、若山さんのために散っていった天知先生の方がよっぽどヒロインに見えてしまった私です。(笑)

兄ちゃん「竜三、一人占めはイカンで!」
turuamachi2-1.jpg
弟「良吉っちゃんは渡さへんで!」
スポンサーサイト

天知茂 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<名古屋に行って参りました。 | HOME | 女体渦巻島>>

この記事のコメント

お墓のシーン、おばおばさんのナイスなキャプションでヒロイン争奪戦に見えちゃいましたよ(笑)

たぶんこの映画が「舎弟キャラ」を堪能するにはベストじゃないかと思うんですが(…ギャラを考えると、アニキ格が2人揃うってことは滅多にありませんし^^;)、ほんとに、びっくりするくらい可愛くなってしまいますよね。なんですかねこの41歳。
2009-10-18 Sun 20:50 | URL | mami #SHLDkvn6[ 編集]
ホントに何なんでしょうか、このカッコよさと同じくらいの可愛らしさは!?(41歳なのに…(笑))
あのお墓のシーンの良吉っちゃんはほんっとに堪らんですよ~!
あの涙を見たらドキッとしますよ、お兄ちゃん。
(スイマセン、そういうフィルターで観てしまうワタシを許して下さい…^^;;;)
そんな良吉っちゃんを見てトミーさんも泣いてますし。
確かにあんなアニキ格が二人も揃うなんてこと、滅多にないでしょうからこれは実にオイシイ(!?)シチュエーションなんですね。

撮影中、両アニキに挟まれて可愛がられてたのかなぁ、先生。(^^)
2009-10-20 Tue 22:34 | URL | おばおば #SgGigZII[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。