おばおばのたわごと

自他共に認める多趣味人間・おばおばによる道楽日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

コサキンソング

先日の日記で、天知先生の名前が「コサキン」に出ていたのを紹介しましたが、それがキッカケで「コサキンソング」(コサキンソング=「コサキン」というラジオ番組で紹介されてきた、妙な歌、意味不明な歌、有名人の意外な歌、名曲・ヒット曲であっても聴き方によっては笑える歌のこと。)が猛烈に聴きたくなり、YouTubeで探してみました。
膨大に存在するコサキンソングの中から少し、紹介したいと思います!(^^)
(タイトルをクリックするとYouTubeで視聴できます♪)

●歌唱自体が面白すぎ!
♪喜美正二郎「すずらん通り」
始終、扇風機の前で歌ってる感じ。

♪坊屋三郎「おしっこしたくなっちゃった」
歌い方はそんなに笑うポイントじゃないんですけど、最後の歌詞がね…(笑)
よくこんな曲が出来たもんだなぁと感心してしまいます。

●リアル・ジャイアン・リサイタル
♪オマリー「六甲おろし」
言葉が分からないからかな・・・と思ったら、2番の英語版の方がもっとすごいことに。(笑)

♪藤波辰巳「マッチョ・ドラゴン」
これもまた一度聴くと忘れられない。
昔、プロレス好きだった頃は藤波のファンだったのですが、この歌聴いて目が点になりました(笑)

♪ジョニー広瀬「太陽に抱かれたい」
歌唱自体がジャイアン。

●ものすごく上手いのに歌唱が面白すぎる曲
♪太子乱童「愛の絶唱」
途中、歌い方が魚河岸のおっちゃんに豹変します。その豹変っぷりが面白すぎ。(笑)

♪勝彩也「まぼろしのブルース」
色っぽすぎ!!(笑)

♪マリア四郎「もだえ」
雰囲気を出そうとしたのか色気を醸そうとしたのか、こんな歌唱に…(^^;)

♪杉良太郎「君は人のために死ねるか」
語り部分がとっても独特。語りと歌との豹変っぷりが面白い…と、まさかこの曲でT先生と盛り上がれるとは思ってもみなかった。(笑)
「あいつの名はポリスマン」と何度も言っておきながら、最後には驚愕の(!?)オチが用意されてます。

♪シャルル・アズナブール「イザベル」
イザベルへの想いがひしひしと伝わってくる名曲。
が、1分50秒あたりからのイザベル連呼、不謹慎にも「何かされてるんですか!?」などと思ってしまいます。(笑)

●なんだか怖いけど聴いてしまう曲
♪海道はじめ「スナッキーで踊ろう」
曲のノリとは裏腹に、冒頭の声が地底からの呼び声のようで怖い。なのに、のびやかなハイトーンを聴いていると何故か脳裏に合掌造りの風景が浮かんでくるのです。(笑)

♪林和也「君がほしい」
想いが強いのはよーく分かりますが、すごく怖いです(^^;)

●あの人が…
♪細川俊之「甘い囁き」
こんなクサいセリフをさらっと言えるの、細川さんならではかと。(笑)
クサいセリフをサラッと…といえば天知先生でもあるが、この歌詞だとキャラクター違うかな?
でも、天知先生バージョンでも聴いてみたかった気がする。
「フフッ、君の眼はそう言ってないね」「さあおいで、夜明けにはまだ間がある」とか、あの声で聞いちゃったら倒れちゃうね!(笑)

♪左卜全「老人と子供のポルカ」
今、清涼飲料のCMで替え歌になって使われてますね。
一度聴いたら忘れられないインパクトがありますなぁ。

♪水原弘「へんな女」
「黒い花びら」のダークなイメージがあったのでこういう歌を真面目に歌ってたとは…吃驚です。

♪王貞治「白いボール」
王さんの実直な人柄が滲み出ている歌唱。
「ベ~ンチのなっかっまっも ス~タンドかっらっもっ♪」のトコが耳に残ります。

♪梅宮辰雄「シンボルロック」(※内容も動画もチョットお下劣です^^;)
よく歌いましたね、梅宮さん…
スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<低血圧&背中がバリバリ | HOME | 宇喜☆宇喜フェスティバル>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。