おばおばのたわごと

自他共に認める多趣味人間・おばおばによる道楽日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

雲霧仁左衛門#4「七化けお千代色くづし」

雲霧仁左衛門#4「七化けお千代色くづし」

嗚呼、今日はお頭に会えるわ…嬉しいけど、同時に心臓にも悪いのよね…と、期待と不安が入り混じった気持ちで放映までの一日を過ごし、ドキドキしながら第4話拝見。

尾張の豪商・松屋善兵衛を籠絡した引き込み役のお千代、いよいよ善兵衛とともに尾張・松屋に入り、奉公人たちに紹介されます。
お千代よりも先に松屋に奉公人として入り込んでいた雲霧配下の山猫の三次ともなんとか顔合わせが出来、お千代が閨で聞き出した善兵衛の言葉から金蔵の入口(らしきもの?)の在り処をつきとめます。

一方、因果小僧六之助を追って尾張入りしたものの六之助を逃してしまった火盗同心・高瀬は無理が祟ったのかショックのせいなのか病床についてしまいます。
高瀬に同行していた火盗の犬・めんびきお京は倒れた高瀬の薬代や路銀の金策のために賭場でつぼ振りのバイト(?)をしていたトコで何も知らずにのこのこ憂さ晴らしに来た六之助を目撃!
六之助を尾行しますが、おバカなのか利口なのかよく分からないけどそういうことには敏いと思われる六之助はそれに気づき、なんとかお京をまいてアジトに帰還。
六之助を見失い彷徨うお京をお頭が偶然目撃、火盗の手がすでに尾張まで伸びてきていることに気付きます。

高瀬は江戸へ雲霧一党の存在を知らせようと尾張藩に頼み込んで公用の早飛脚を出してもらいますが、その飛脚を怪しい虚無僧姿のお頭が自ら阻止、火盗長官・阿部式部宛の書状を奪って焼却処分します。が、書状を奪われたと知った高瀬とお京、今度は江戸から連れてきていた伝書鳩に書状を託し、結局雲霧情報が阿部式部の知るところに。
江戸からの応援を得た高瀬達は、お京が六之助を尾行したときの証言をもとに雲霧のアジトと思われる場所に目星をつけ、向かいの建物からこっそり見張りを始めるのでした…


今回はお千代in松屋がメインでそれほど心臓に悪くはないかな・・・と思っていたのに!
ドキドキの火種はまたもや六之助!!
雲霧一党で唯一面が割れている六之助、アジトで大人しくしていればよいものを、思うようにお頭の役に立てない鬱憤を晴らしに外へ飛び出し、結局「役に立つ」どころかまたもや「足を引っ張る」羽目に。
しかもお頭自らを尻拭い(?)に出動させるとは…

#4-4m
↑書状を奪った後、あたりを見回すお頭。ほんの一瞬だけど滅茶カッコいい。
小頭は六之助をなんとかしたがってるようですが、わたしもなんとかしたほうがいいと思います、六之助!(^^;;

↓おみつの料理を褒めつつ、彼女の成長ぶりを喜ぶお頭。
ちょっとしたほのぼのシーンです。
#4-2m

#4-1m
↑昔ながらの職人気質的な盗賊は自分たちが最後かも…としみじみ語り合うお頭と小頭のシーンも名シーンだと思います。
このときの声がまたイイんだ(^^)ホントに天知先生ってイイ声してますなあ。

↓お京に接近したおみつの着物に付着していた鳩の羽毛から、鳩で火盗へ存在が知れたことに気づくお頭。
#4-5m
スポンサーサイト

天知茂 | コメント:0 | トラックバック:1 |
<<孤独の賭け | HOME | 遅れ遅れの日記です(^^>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

悠仁さまお茶大幼稚園へ &amp;lrm;2009&amp;#24180;12&amp;#26376;2&amp;#26085;&amp;lrm; 宮内庁は、秋篠宮ご夫妻の長男、悠仁さま(3)が、来年4月から東京都文京区のお茶の水女子大付属幼稚園に入園すると発表した。 同庁によると、ご夫妻は、悠仁さまの養育に当たり... …
2009-12-08 Tue 04:00 JIN-仁-
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。