おばおばのたわごと

自他共に認める多趣味人間・おばおばによる道楽日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

雲霧仁左衛門#7「掟破り」

雲霧仁左衛門 #7「掟破り」

ここのとこツイてないことこの上ない因果小僧六之助の厄落とし、と称して夜の街でパーッと気晴らしした小頭・吉五郎と六之助。(「厄落とし」はお頭の指図。)
イイ気分の帰り道、借金のカタに売られそうになって逃げてきた娘・おひさをならず者たちの手から救った。
彼女から身の上話を聞いたところ、病気の父のために三足の草鞋(金貸し&岡場所のオーナー&目明し)を履くアコギな男・相模の軍次から借りたお金が暴利のために短期間で返済不能な金額に膨れ上がったとのこと。
その話を聞いたお頭、ひさかたぶりに「血が騒いだ」のかノッてしまい(←吉五郎・談)、全く顔を隠す気なしの黒頭巾姿で一党を引き連れて軍次宅を襲撃、証文を奪って200両を頂戴し、「我らは東北へ行くので船をもらうぞ」と火盗を撹乱するための言葉を残して(しかも雲霧の紋章を見せ付けて)、立ち去った。

おひさちゃん父娘を預けた忠吉の店先で、おひさちゃんの父・与助の面倒をみている七三と吉五郎が出会い、互いに驚く。
昔、高崎でともに仕事(=盗み)をしていたという旧知の間柄だったのだ。
七三から「実はおひさはおめぇの娘だ」と告げられ、動揺する吉五郎。
高崎時代の恋人が産んだのだという。
そのおひさちゃん父娘の命をタテに吉五郎を脅迫、自分の仕事に引き込もうとする七三。
雲霧一党という組織に身を置いているのに七三の仕事を手伝うことは「掟破り」になるが、おひさ父娘の命を考えると断れない。
それに雲霧一党に居るということも七三に言えない…
一人悶々とする吉五郎だったが、その様子を見ていたお頭が「実はおひさは吉五郎の娘ではない、七三に脅されて与助父さんが口裏を合わせていた」という事実を突き止める。
七三との仕事に向かおうとしていた吉五郎に虚無僧姿で立ち向かったお頭、すんでのところで事実を伝え、思い留まらせることが出来た。
そうとは知らない七三一味、盗みに入った先で待ち構えていた雲霧一党にふん捕まり、朝もや煙る火盗屋敷の前に放置されたのだった。
火盗与力の山田はこれが雲霧の仕業と知り、以前の「船で東北」騒ぎで右往左往させられたことも合わせて「いいように遊ばれた」形になってしまったことに憤懣やるかたない。
一方、吉五郎は江戸を去るおひさちゃん父娘を見送ることなく、お頭としみじみと酒を酌み交わすのでした…

毎回ドキドキの種だった六之助、お頭の配慮で厄落とし。
いいなあ。阿部式部に負けず劣らず部下思いのお頭、素敵です。
これでホントに厄が落とせてたらイイんだけど。

それにしても、お頭の仕事っぷり、惚れ惚れと拝見いたしました。
ジェントルマンな物腰なのに凄味が効いてて滅茶苦茶カッコよかった。
(それに妙にノリノリだったし。(笑))
↓観て観て、去り際のこの笑顔!!
#7-1m
「ワッルい笑顔だなぁ~~!!」って思わず笑っちゃいましたよ。(笑)

お頭とその周辺の人たちとのつながりって其々に深いと思うのですが、中でもやはり吉五郎とは大人の男同志の格別な空気を感じますね。単なる上下関係だけじゃなく、時には精神的に対等に向き合う時もあるんじゃないかなぁ。

☆本日の男前。☆
#7-3m

#7-5m
↑刀といい煙管といい、お道具を大事にお手入れするお頭。
この前、オカダさんを斬った刀か?(^^;)
…この間の一連の所作(特に手の動き・形)が実に綺麗です。
スポンサーサイト

天知茂 | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<雲霧仁左衛門#8「闇の中の決闘」 | HOME | 素敵な年始>>

この記事のコメント

はじめまして。
サイト運営をしている者なのですが、相互リンクしていただきたくて、コメントいたしました。
下記のURLから、相互リンクしてもらえると嬉しいです。
http://hikaku.link-z.net/link/register.html
ご迷惑だったらすみません。突然、失礼しました。
DzX6bkot
2010-01-06 Wed 23:34 | URL | 相互リンクのお願い #BdFh1f3s[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。