おばおばのたわごと

自他共に認める多趣味人間・おばおばによる道楽日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

…2番は何処へ!?

「ブランデーグラス」と言えば石原裕次郎…だと思われるでしょうが、アマチストの場合は天知先生歌唱による「ブランデーグラス」なのです。(笑)
その「ブランデーグラス」を聴きながらバイパスを爆走しているとき、ふと思いつきました
「…コレ、マトリョミンアンサンブルでやったらよさげでないかい?」と(^^)
メロディパートとスキャットパートとでデュエットやったらよさそうだなあ…しかし、カラオケだとすでにスキャット部分は入っちゃってるハズ。
これはマトアンサンブル用に伴奏を作らねばならぬか!?
コレ、出来たらフミヨとマチ子のレパートリーに出来そうだしなあ。
時間が出来たら頑張ってみようかな~…(遠い眼。)

この天知先生歌唱「ブランデーグラス」が収録されているアルバムは演歌がほとんどという内容なのですが…私はやっぱり60年代~70年代の「声をめいっぱい使って歌っていた頃」の歌唱が大好きなので、演歌を沢山歌っている頃の「余分な力が抜けたハナウタっぽい歌唱」はチョット…なかなか慣れることが出来ません。(^^;;先生、ゴメン)
眉間に皺を寄せた表情とはかなりかけ離れたイメージの優しげな歌い方にギャップを覚えるからなのか、それとも「演歌を歌うと急にオヤジっぽさが漂う気がしてしまう」からなのか(爆)…大体、私が初めて天知先生の歌唱を聴いたのは、あの演歌の歌唱法とは正反対のような「ローンウルフ」主題歌だったので、其処を基準に考えてしまうせいなのかもしれません。(^^;;;
しかし、「ブランデーグラス」はイイです。カッコ良いです。(^^)
天知先生にあの歌詞で話しかけられることをイメージするとタマランです。(笑)
(「昭和ブルース」も別格。)

やっぱり「ローンウルフ」の頃の歌唱が一番好きな私。
あと、「夜に賭ける」「夜が呼んでいる」もお気に入り。
「夜に賭ける」は、何と言っても作詞・天知茂、作曲・丸山明宏…そう、明智先生と緑川婦人・夢のコラボ!(^0^)
美輪様も大好きなので嬉しいかぎり。「夜」がとてもお似合いの2人、素敵な一曲です。
そして何処か文学的な匂いが漂う(気がする)歌詞の「夜が呼んでいる」の歌唱も艶があってこれまた素敵。「黒い瞳」という歌詞のときの切ない吐息まじりの歌唱にゾクゾクしてしまいます。
そして、「ローンウルフ」。
最近気がついたのですが、「ローンウルフ・ミュージックファイル」も「ローンウルフ」EP盤も、1番歌唱→台詞…で曲が終わっているのですが、「山下毅雄の全貌 ドラマ編 Professor Takeo Yamashita Mission 2」に収録されているものは、歌詞の後にさらにもうワンコーラスあるのです。
いままでどれも何の気なしに聴いていたのですが、「…アレ?そういえば台詞の後にもうワンコーラスあった筈だよね?」と今更ながら違いに気がついた次第(^^;;;
何故、「ローンウルフ・ミュージックファイル」はフルコーラスを収録しなかったのでしょう。
テレビサイズ、レコードサイズ、と2パターンも入れたので、フルまで入れるとクドいと思われたのでしょうか。
2番も弱音のような心情を吐露しているなんともいえない内容なのですが…

そういえば。この前の「日曜美術館」でローンウルフのジャズアレンジらしき曲がBGMで流れてて吃驚しました。
スポンサーサイト

天知茂 | コメント:3 | トラックバック:0 |
<<天知先生出演作・忠臣蔵の音楽 | HOME | 盛況御礼>>

この記事のコメント

たびたびお邪魔します。
そうそう、「ローンウルフ」の2番って、CDには入ってないんですよね~語りですものね。歌詞がいいので手元に置きたいんですが。(飲めないのに酒におぼれるってなんじゃ・汗)
私は(半分オヤヅ入ってる主婦なので)演歌も歌うのですが、なんだかんだいって、天知さまの「ローンウルフ」や、ホントに初期の「廃虚の唇」が好きですねぇ~
演歌も歌えた名優、ってえ感じで思えばまた楽しめますよ、ご飯の時に流すと、場末の食堂みたいな雰囲気になります(笑)
車を走らせながら歌うのもイイですね^^
「ブランデーグラス」、私も持ち歌だったんですが、天知さまの歌を聴いたら、参りました。ゆーじろーなんか、( `д´) ケッ! ですよ。(裕次郎記念館に行ったことのない小樽近郊在住者)
「くちなしの花」は、日本で2番目に上手い、と思っております。(1位はフランク永井、渡テツ也は4番目ぐらい)

コメ書き込み、何故できなかったのかしら?
検証してみますね~
でもアマチチョコ、感動しました、ホント♪
2010-03-07 Sun 09:26 | URL | うつほ #-[ 編集]
おばおばさん、ライブお疲れさま&ご盛況何よりでした☆

せっかくのうつほさんとの熱いお話にずうずうしくも割り込ませていただきますが、ヤマタケさんのCDでは、天知さん2番も歌ってる、ということなんでしょうか? これは買わないとー!

アマチ演歌は、満員電車でカリカリきてるときに聞くと顔がふにゃっと綻ぶ、という点で貴重です(^^;)
2010-03-07 Sun 22:26 | URL | mami #SHLDkvn6[ 編集]
>うつほ様
いらっしゃいませ~(^0^)
そうなんです。フルで入ってるのはおそらくヤマタケCDのみだと思います。
私も「廃墟の唇」、好きです!
「夜に賭ける」「夜が呼んでいる」と同じくらい好きかも。そのB面の「星のない夜のブルース」も切ない歌詞を思い入れたっぷりに歌ってて大好きです(^^)
初めて「廃墟の唇」を聴いたときは、ローンウルフの頃(スイマセン、コレ基準で^^;)の歌唱と全然違っていたので(喉ではなく口先で歌っている感じ)かなり面食らったのですが、よくよく聞いていると音程はあってて下手なわけではないですし、聴けば聴くほどハマっちゃったんですねえ(笑)。
演歌…そう思って頑張って聴いてみますね~(^^)…しかし、聴いていると失礼ながら顔がニヤけてしまうのに困っています(^^;;
「ブランデーグラス」、ホントに天知先生の方が素敵ですよね!!腰砕けます(笑)
「くちなしの花」…渡さんの歌声、湯がきすぎたそうめんのように芯が無いですよねぇ(←失礼^^;)
…それが「味」なのかもしれませぬが…
うつほさんと音楽の好みがそれほど違わなさそうなのでなんだかホッとしました(笑)

北海道へは2度行ったことがあるのですが、小樽方面へはまだ行ったことが無いので一度は行ってみたいなぁと思ってます(^^)

>mami様
ありがとうございます~!
また良吉っちゃんのように気絶する生活をしているので、体力的にもキツかったです(笑)
しかし、皆様に喜んで頂けたようなのでヨカッタ…演奏に関しては自分では納得できていないのですが…御神影の前で「また頑張ります!」って思いました(^^;;

どうぞどうぞ、遠慮なくカキコしてくださいましー!
そうなんです、ヤマタケさんのCDでは2番も歌ってるんです。
「一匹だけじゃ寂しいくせに 寂しいと言えない俺」ってキュンとくる歌詞なんですよね(^^)
アマゾンには一応アップされているのですが、もう出品者から買わなくてはならない状況のようです。
(…ということで。また後ほどメールいたしまする^^)

天知演歌、私も顔が綻ぶ…というか、失礼にも笑ってしまうのが困りものなんです(汗)
演歌…じゃないですケド、「星よ(ライブ)」で、ラストに「会~え~るぅ~~~♪」ってハイトーンを思いっきりビシーッとキメたとき、不覚にも大笑いしてしまった超失礼な私です…(懺悔)
(しかも、その後の後奏部でトランペットがモゲちゃったトコでまた爆笑。^^;「キツいのはすごい分かるケド、そこはハズしちゃアカンよー!」って…)
2010-03-08 Mon 00:37 | URL | おばおば #SgGigZII[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。