おばおばのたわごと

自他共に認める多趣味人間・おばおばによる道楽日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

2月・京都「汁無しにしんそば」リベンジツアー

あれは第一次歌舞伎マイブームだった頃。
にしんそばで有名なお店でにしんそばを頼んだところ、出てきたにしんそばにつゆがかかっていなかった。
何だかヘンだなぁと思いつつも、初めて食べるものなので具合が分からないし、その頃は今よりも初心で大人しかったので尋ねることもできず(笑)、そのままその「汁無しにしんそば」を食べたのでした。
…という話をしたところ、「それはリベンジしに行かねば!!」ということで、十ウン年越しのリベンジのために京都へ。(笑)
到着早々、リュミ☆さんとtamikoさんとで早速にそのお店へ。
20100211-2.jpg
今度こそ「汁ありにしんそば」を頂くことができました!(笑)
美味しかったナリ♪♪

「さあ、次はどこへ行く?」と相談の後、此処から歩いて行ける建仁寺へ移動。
入るといきなり俵屋宗達の「風神雷神図屏風」が目に入ります。
「風神雷神図」が大好きなので思わず傍に行くと、周りの人たちが屏風を写真撮影している!!
イイのか!?こ、国宝だぞ!!?
と吃驚しつつ、私も撮影しちゃったりして。(笑)
「この風神雷神図、なんだかモリモリしてるねえ」
「絵具が盛りあがってるみたい」
とか言いながらしげしげ眺めていましたら、この屏風は陶板であることが判明。
ナルホドね~!だから撮影できるんだ。
…っていうか、私、この宗達のと光琳の「風神雷神図」の本物が並んでるの観たことあるのに…陶板だって全然気付かなかった(^^;;;
奥の方にも風神雷神図屏風が展示されていましたが、それはさすがに色が沈んでいたのでわかりました。そうよね、超有名な国宝だもの、そんなにお気軽に出しっぱなしには出来ないですよね…
20100211-1.jpg
このとき、ちょうど特別公開で法堂の天井画を観ることが出来ました。
これはまぎれもない肉筆。
天井いっぱいに描かれている大迫力の双龍、ライトアップされて厳かに浮かび上がる釈迦如来の御姿…光と闇の絶妙な空間。谷崎潤一郎の「陰翳礼讃」が思い出されました。
観れて良かったー(^^)

建仁寺の次は料亭六盛のスフレ専門店・六盛茶庭へ。
行列が出来ていましたが、今回は時間制約が無いのんびり旅、気長に待たせていただきました(^^)
岡山でもスフレ専門店に行くことがたまーにあるのですが、其処のスフレとはまた違う感じ。
20100211-3.jpg
しっとり肌理が細かくて美味しかった(*^^*)

六盛茶庭から歩いて、京漆器のお店・象彦へ。
逸品の数々に溜息…目の保養目の保養~(^^)
(リアルフミヨちゃん連れて行ったら喜びそうだなあ、此処。)

そして、象彦から程近い細見美術館で「描かれた能 絵で楽しむ、文様が語る」を拝見。
国立能楽堂所蔵の絵画や装束、面などが展示されていました。
驚異的に細密な手仕事や美意識の世界にこれまた溜息。

最後に立ち寄ったのは、「kyoto生chocolat」。
猫の雑誌でお店のことを知って以来、一度行ってみたかったんです!
…そう、可愛いニャンコがいるのです、このお店(^0^)
町屋、美味しい生チョコレート、可愛いニャンコ…夢のようではないですか。(笑)
お店に辿り着くと、早速出てきたのがおっきなアイリッシュ・セッター!(@0@)
とっても大人しくて人懐こいワンちゃんなのですが、お出迎えだけでなく、席の方へも何度となく御挨拶に来てくれるので(笑)、「食べるところに動物なんて…」と思われる方にはお勧めできないかも・・・しかし、チョコレートは美味しい!
20100211-4.jpg
3粒でも十分満足。身体に優しいタンポポコーヒーがあったのも嬉しい。
20100211-5.jpg
20100211-6.jpg
20100211-7.jpg
20100211-8.jpg
20100211-9.jpg

旅というと、いつもは行きたい場所をあらかじめピックアップしておいて何時から何時まで滞在、何時から移動…って具合に、滞在時間内に行きたい場所ややりたいことをギュッと詰め込んだ、時間に追われるような旅になるのですが、今回はどういうわけか明確に行く場所や時間配分を決めずにゆるゆるまったり、気の向くままに…な女3人旅になったのでした。
(一応、各々の希望は把握しているのですが、行くかどうかとか順番とかは決まっていない。)
私もtamikoさんもいつもそういうタイトなスケジュールの旅になるようで、今回のような形はとても新鮮で面白かったです。
スポンサーサイト

未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<誕生会と猫とマトリョミン | HOME | 3月・激萌えお小姓さん旅行(!?)レポ>>

この記事のコメント

いちおう、地元岩内は身欠きニシンのブランドですので、なんぼでも送りますよ~
京都の二条市場行って、よく見た木箱がすっげえ高値で取引されてたって夫から聞いてびびりました。
普通1キロ1000円しないのになあ…
(送料の方が高いです)

実はニシンソバ食べたことないでごあんす。
いつでも食べられる、っていう安心感からでしょうかね…

黄金の色のコナゴ佃煮と共に送りたいですね~

夏場は芋やらモロコシやらスイカやらメロンやら山ほど手に入りますので、普通郵便でよろしければ(爆)

それにしても、テルミンって自分でつくれませんかねえ…シゲルマトリュミンを作りたくてうずうずしてる、文系卒の、でもどっちかというと工学系なうつほでごあんした。
2010-05-13 Thu 01:42 | URL | うつほ #-[ 編集]
芋、モロコシ、スイカ、メロン…大好きなものばかりで夢のような眺めでございますなあ(^0^)
黄金色のコナゴの佃煮…これまた美味しそう―!!ごはんが進みそうですね。
にしんそばは、そばに甘辛く炊いたニシンを乗っけているだけというシンプルな食べ物ですが、つゆの味とニシンの甘辛さが一体になったときがなんとも美味しいです。
京都の南座隣りのそば屋さんのにしんそばがおススメです(^^)

自作テルミンでしたらこちのサイトとか如何でしょう?
http://homepage2.nifty.com/tnatori/electro/theremin.html
マトリョミン自体、白木のものもありますので、それに好きな絵を描く、というテがありますよー
2010-05-14 Fri 01:53 | URL | おばおば #SgGigZII[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。