おばおばのたわごと

自他共に認める多趣味人間・おばおばによる道楽日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

4月、5月と金刀比羅へ

先月と今月、金刀比羅に行って参りました。
先月(4月)はこんぴら歌舞伎。
3月に再び歌舞伎にハマってから、ふと「今年のこんぴら歌舞伎はどうだろう?」と思いついて調べてみると、あの印南数馬を演じていた愛之助さんが出演されるとのこと!
しかも「義賢最期」を演られる!
「義賢最期」といえば孝夫ちゃんのあたり役で、私も第一次マイブームのときに南座で拝見したことのある演目。
その「義賢最期」を孝夫ちゃん…もとい、仁左衛門さん監修で愛之助さんが演られるとは、これは是非とも観に行かねば!!
ということで自身のスケジュールと照らし合わせてみると行けそうな日が1日だけある…しかし発売になってからかなり経っているので券があるかどうか…ええい、ダメもとだあ!と問い合わせてみたら「1枚ありますよ」とのこと!(^0^)/ヤッタ~~~!!!
ということで、毎年気になりつつも中途半端に近いせいで「いつか行こう」と思いつつ延び延びになっていたこんぴら歌舞伎へ初めて行くことになったのでした。

行きはアンパンマン列車に乗ることに(^^)
シートにも天井にもカーテンにもアンパンマン♪
20100411-1.jpg
20100411-2.jpg
20100411-3.jpg
20100411-4.jpg
20100411-5.jpg
20100411-6.jpg
20100411-7.jpg

琴平駅から出るともうこんぴら歌舞伎の雰囲気…
20100411-8.jpg

金丸座です!!
20100411-9.jpg

着物姿のお茶子さんが行き交っていて、建物の雰囲気と相まってとてもイイ感じ(^^)
20100411-10.jpg

フミヨ、金丸座にて撮影(^^;
20100411-11.jpg

御座布団とお弁当(^^)
20100411-12.jpg
20100411-13.jpg

ゆるキャラ(?)こんぴーくんに遭遇(笑)
(パイプ椅子でくつろぎ中?)
20100411-14.jpg

この広さ…以前、中座へよく行っていた私としてはこれくらいの広さが役者さんとの距離といい声の通りといい、とてもイイなあ、好きだなぁと感じました。

愛之助さんの「義賢最期」!
よかったぁ~~~!!ホンマに行った甲斐があったです(T▽T)
全然詳しくない私が言うのも何なのですが、「あぁ、こうやって芸は継承されていくんだなぁ」って自然に思えました。
だけど、孝夫ちゃんの焼き直しなどではなくてちゃんと「愛之助さんの義賢」だったと思う。
3月の可憐なお小姓さんとは全く違う、この重厚な渋さはどうよ!(しかも「父親」だ)
様々な人物との今生の別れの場面はどれにも本当にグッときました。
深手を負いながら長袴での大立ち回りにもググッと…本当に私って窮地ネタ好き。(^^;;
(※「窮地好き」…贔屓キャラが怪我したり拉致られたリ…と窮地に陥ることに萌えること。流血という要素は欠かせない。)
あの肩口に染みた血の色の凄くリアルで鮮やかなのにはドキドキしました。
みどころのひとつである「戸板崩し」で会場が大いに沸きましたが、私としてはもう幕切れの「仏倒れ」の方へ気持ちが飛んでおりました(^^;)
孝夫ちゃんの時も「美しいお顔、大丈夫なのー!?」と大層ドキドキしたものですが、今回も心臓に悪い…(^^;
蝙蝠の見得で「ああ、いよいよ…」と思ったら!階段上でバウンドしちゃう勢いで倒れていって吃驚!(@0@)すすす、凄い…
幕が閉まってもしばらく会場のどよめきがおさまらないくらい、壮絶で衝撃的な幕切れでした。
私の中では、バレエ「スパルタクス」でのスパルタクスの最期と並んで「最も凄い死に様」。再び観ることが出来た幸せを噛みしめながらお弁当も噛みしめたのでした。(笑)

お次の演目「棒しばり」でも愛之助さん登場。先ほどの重~~~い義賢様とは全然違う軽妙な役どころ。
切り替え、凄い!
翫雀さんの福々しい御顔と愛之助さんの目じりが下がった柔らかい表情に此方までもホクホク顔に(笑)。
翫雀さんとのやり取りがピッタリはまってて、なんともイイコンビだなぁと嬉しく拝見いたしました。

「浮世風呂」…大河ドラマのせいで仲間内で「殿」と呼んでいる亀治郎さん(^^;
殿が意外と脚細くて内心吃驚しました。(笑)
湯屋の三助(銭湯で働く男衆)と、その男っぷりに惚れちゃったなめくじ(!)が踊るのですが、このなめくじちゃんが衝撃的で…すごい美女なのですが、頭になめくじのかぶりものを被ってて、平仮名で「なめくじ」と書いてあるお着物を着ている!美女なのに…(笑)
そんななめくじちゃんに迫られて気味が悪い…と、塩をかけちゃう殿。溶けちゃうなめくじちゃん。
気持ちは分かるけど、ちょっとなめくじちゃんが不憫だなぁ(^^;
…いやいや、なんだかすごく希少なものを観れた気分でした。

どの演目もすごく良かったなあ!!と嬉しく帰途へ。
金刀比羅宮では伊藤若冲展をやっているし、参道にあったドクターフィッシュのお店も気になる…また歩きやすい格好で行ってみよう!と心に決めて―――
…で、一昨昨日再び金刀比羅を訪ねたワケです。
今回は午前中に高松でマトリョミンの教えの後、琴電で移動。
沢山歩く予定なのでジーンズにスニーカー、荷物は全てリュックに入れて背負い、ばっちり日焼け止め塗って完璧の態勢…と思いきや。
背中に背負った荷物が思いのほか重くて(教え道具も入っているので)、石段を登り始めて早くも後悔。(笑)
とにかく筋肉にギュウギュウ負荷がかかっているのが物凄~くわかる!「これはスポーツ選手のトレーニングの一環ですか!?」という感じ(笑)
やっとの思いで大門に到着し、水分補給しながら眼下の景色を眺めた後、伊藤若冲特別展「百花若冲繚乱」の第1会場である奥書院へ。
修復を終えた奥書院の「花丸図」(伊藤若冲筆)を拝見。
しばし英気を養った後、再び荷物を背負って出発!数年前、丸山応挙の絵を観に金刀比羅に来た時には書院までで引き返してしまっていたので、今回こそは…と御本宮まで上がりました。
20100516-1.jpg
20100516-2.jpg
20100516-3.jpg
直前の階段が長くてすごくキツかっただけに、立派な建物と展望台からの眺めにしばし達成感を味わっていたのですが…御本宮の建物の脇に「奥社→」の看板が。
そうか、此処が終わりじゃないんだ。そういえば愛之助さんが「奥の方」って仰ってた。
もうちょっと頑張って行ってみるかな。「パワースポットだ」って愛之助さん仰っていたし!(今年、大殺界&天中殺のワタクシ、パワースポットには目がないのです!^^;)
手元にある案内地図でもさほど距離は無さそうだし…と再び歩き始めたのですが、実は此処からが本当に大変だったのです!!
「もうこれで終わりかな?」と思ってもまた次に石段が続いているのを見て愕然…ということの繰り返し。石段と坂道が延々と続いていて、背負っている大荷物(帰宅してから計ってみたら約9キロあった)の負荷が全身の筋肉と心肺にかなりキていて、「自己との戦い」状態に突入。
愛之助さんが会見で「奥の方まで登りたいと思っております。」と笑いながら仰っていた、その「笑い」の意味が分かったような気がしました(^^;
「これは神様からの試練だ…」「ゆっくりでも歩を一つ一つ重ねていけばいつか必ず到達する!」と何度も自身に言い聞かせながら上って行き、やがて視線の先に奥社の鳥居を観た時にはホントに救われたような気分でした。
20100516-4.jpg
しばし下界の眺めを堪能。明らかに御本宮の展望台からとは違う角度の眺め!
20100516-5.jpg
折角だから・・・と此処でおみくじをひいてみました。
いろんな項目の中でも「恋愛」の箇所で「まだ駄目です」ときっぱり書かれていたのにはひっくり返りそうになりました(笑)。めちゃ可笑しい~~~!!(^^;)

と、此処で時計を見てみて焦りました。お参りしてから若冲展の第二会場へ行こうと思っていたのですが、入館締切時刻が迫っていたのです。
今度は下りなので早い早い。(^^)心地よい風と鳥の囀りを楽しみながら早足で下ったのですが、やはりかなりの距離がありました。
(御本宮のトコで参拝客が「此処で最後かな」「そうじゃ」と言っているのを耳にして「…フッ、此処で到達した気になるなよ…」と内心ニヤリング。(笑))
滑り込みセーフ!!の時刻に第二会場へ到着。
拝見後、これまた早足で参道を下り、今回の第二の目的である「ドクターフィッシュ」へ行ってみました。
コレ、ずっと前からやってみたかったんですよね~(^^)
お魚を踏まないようにそ~っと足を水に浸けてみると…ぶわーッとお魚が寄ってきてついばんでくれるのがすっごいくすぐったくて思わず「ひぇ~!」って声が出てしまいました(笑)
20100516-6.jpg
「はじめはくすぐったいですけど、そのうち慣れますから。疲れも取れますよ」とお店の方が言われるので、気を紛らわせがてら歓談していたらホントに慣れて心地よい刺激に感じられるほどになりました。
10分間500円だったのですが、もう少し浸けていたいくらいでした。
帰宅後、リアフルミヨちゃんに「ドクターフィッシュしてきたんじゃ~」って言ったらエラく羨ましがられまして、「ちょっと見せて見せて!」と言われるままに足を見せたら、「うわっ、ツヤツヤになっとるが!」と言われたのであらためて見てみると確かに踵がスベスベになっているような気が。
うーん、これはまたやってみたいぞ、ドクターフィッシュ。(^^)

今回だけでもかなり金刀比羅を堪能することが出来たのですが、こんぴらさんの資生堂パーラー「神椿」に行ってみたい、とか御朱印を貰って帰るのを忘れた、とか新たな目的が出来ましたし、参道のお店が面白そうなので回ってみたかったり、またドクターフィッシュしてみたかったり…また行きたいです。
ちょっとハマりそうかも、金刀比羅。(笑)

※あれだけキツかったので物凄い筋肉痛になるかな、と思っていたら「たぶんならないと思うよ」とリアルフミヨちゃん。半信半疑だったのですが、殆ど痛みがこなくて吃驚しました。リアルフミヨちゃんも以前行ったお遍路が相当キツかったけど不思議となんともならなかったそうです。信心のための苦行にはこういう「おかげ」があるのかな。不思議。
スポンサーサイト

歌舞伎 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<「地獄の左門 十手無頼帖」/「密偵」(1983・S58) | HOME | 誕生会と猫とマトリョミン>>

この記事のコメント

こんにちは~。ムンパリです。
こちらにもやって参りました!
マトリョーシカに見えるその写真がマトリョミンですか?
ずいぶんかわいい楽器ですね~♪

アンパンマン列車は予約しないと乗れないんですか?(笑)
私も観劇前に若冲展にだけは行きましたが、琴平を観光して
いないのでひょえ~と思いながら読ませていただきました。
奥社と本宮からの高さの違いもバッチリ写真でわかりますし、
ドクターフィッシュの体験写真もツボです~。
七月大歌舞伎は孝夫ちゃん(♪)仁左衛門さんにも愛之助さん
にも逢えますから今から楽しみですね!
また来させていただきま~す。どうぞよろしくお願いします。
2010-05-22 Sat 08:51 | URL | ムンパリ #-[ 編集]
ようこそいらっしゃいませ~m(_ _)m
そうです、このマトリョーシカの中に世界最古の電子楽器・テルミンの機能を収めた楽器が「マトリョミン」です♪

アンパンマン列車はたまたま乗れました(^^;
特急の切符を買いに行きましたら、自分が乗りたかった特急がたまたまアンパンマン列車だった…と。
ちょっと得した気分でした(^^)

今度金毘羅にお越しの際は是非、奥院まで上がった後にドクターフィッシュで疲れを癒してくださいネ。

7月歌舞伎、孝夫ちゃんも愛之助さんも拝めるなんてホントに楽しみです!
(チケット申し込みしてるのですがちゃんと席がとれるかなー…チョット心配。^^;)
こちらこそよろしくお願い致します~m(_ _)m
2010-05-23 Sun 03:37 | URL | おばおば #SgGigZII[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。