おばおばのたわごと

自他共に認める多趣味人間・おばおばによる道楽日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

今度は踊ります♪

検定試験が終わって…試験の数日前からお腹の調子が悪かったのがピタッと治ったかと思えば試験翌日から右の肩甲骨のあたりがすんごく痛くなって「イタタ…」「痛―――!!」と言いながら生活する羽目になったり。精神が身体に及ぼす影響って凄いですねえ。(^^;

さあて。
次の大きな舞台といいますと、7/18に開催されるバレエの発表会でございます!!
21010701-3.jpg
2010.7.18(日)岡山市民会館
開場15:00 開演15:30 
入場料:自由席 1500円(前売)/2000円(当日)
特別プログラム「Weathers」(平井優子作)
メインプログラム「海賊」より
…です。チケットご希望の方はワタクシまでメッセージよろしくお願い致します!!

さてさて。
毎日一足履きつぶす人が居るとも言うトゥシューズ。
しかし私の場合、大人クラスだと発表会はクラシック1曲&キャラクター(民族舞踊)1曲だったり、どちらか一方だけだったり…ということで、前年はトゥシューズを履かないキャラクターダンスだけだったので去年一年間トゥシューズを履くことがほとんど無く、一昨年買ったトゥシューズがまだ履けるという驚異の長持ち状態。(笑)
週1回しか履かないから長持ちだなぁ…と苦笑しつつレッスンに臨んでいたのですが、最近さすがにヤバくなってまいりまして、「今、ものすごく馴染んでてイイ状況なんだけど、もうすぐ潰れそうな気配がする!」という履き心地…「肉は腐りかけが美味い」とかなんとか言いますが、そんな「最高潮なんだけどピーク過ぎかけ」な感じ。(笑)
これは発表会までもたない気配濃厚なので、大阪へ行った際に新品を購入しました。
これまで散々いろんなメーカーのいろんな種類のシューズを購入して試してきましたが、「足にピッタリフィットしてても立ちにくい」だったり「立ちやすいけど踊りにくい」だったりでなかなかしっくりこなかったのですが、現在、「メルレ」というフランスのメーカーの「プルミエール」という種類のトゥシューズに落ち着いています。
これが、いつもと同じメーカー・種類のものでも手作りのためか履き心地が微妙に違っているので、バレエシューズにしてもトゥシューズにしても、出来る限りお店で履いてみてから購入することにしています。

新しく買ったトゥシューズには自分でリボンと踵が脱げるのを防止するゴムを縫いつけます。
そしてつま先の部分のサテンを剥ぎ取り、ふちをチマチマとかがり縫いします。
20100701-1.jpg

20100701-2.jpg
これで面倒な作業は完了。
ですが、私の場合はこのままでは少々踊りづらいので少々手を加えます。
「(硬いボックスの部分を)とんかちで叩く」とか「床に打ちつける」とか「水をつける」とか人によっていろんな方法があるのですが、私の場合はソールの部分をググッと曲げる(←コレはどの人も結構やりますよね)のと履いた状態で上からボックス部分をグーッと踏みつけるの。コレをすると買ったばかりの状態よりも足に馴染んでヨイ感じに。
…なのですが、今回は少々やりすぎたか、新品なのにかなり履き込んだような履き心地。(笑)
いや、とても具合がよろしいことはよろしいのですが…本番までもたなかったらどうしよう(^^;;

今夜のお稽古のとき、衣裳が渡されました!
これがすんごい綺麗で可愛いのー!!
流石、ヨ●ノさんの衣装…可愛いんだけど甘すぎず、上品でとても素敵。今まで着てきた衣装の中で一番気にいったかも(^^)
綺麗な衣装を渡されるとき、大人でも場が華やいでテンションが上がります。女性は幾つになっても綺麗なもの好きなんですね。
お衣装様に負けないように頑張らなくちゃ(^^;;
スポンサーサイト

バレエ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<マトリョミン検定1級試験、合格しました! | HOME | マトリョミン検定1級試験>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。