おばおばのたわごと

自他共に認める多趣味人間・おばおばによる道楽日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「花の武将 前田慶次」鑑賞

皆様~、先日はワタクシの誕生日に沢山のお祝いメッセージ&ボイスをありがとうございました!!御礼が遅くなってしまってごめんなさいです(>_<)
その誕生日前・当日であった11日、12日がかなりハードであったせいか仕事中から帰ると速やかに睡魔に襲われまして、いつも通りの宵っ張りモードにもどるまでかなり日数を要してしまいました(笑)

さてさて、その2日間。
11日は午前中のお仕事が終わってから岡山駅へ。
旅の大荷物をコインロッカーに入れてから新幹線で大阪へ…と、ロッカーを探して荷物を押し込んでいる最中に「予約した新幹線に間に合わないかも」と思ってiPhoneで変更しようとしたのですが、電波の状況がよろしくなかったのか次画面への読み込みが異様に遅くて、作業の途中で発車時刻になってしまいました。おかげで乗らなかった片道分お金を払うハメに。(笑)
最初からWi-Fiルータ使って作業すればよかった…(ルータの方はFOMA使えるトコでサクサクいけるので)一つ勉強になりました( ̄▽ ̄)

気を取り直して、松竹座へ。
愛之助さん主演の舞台「花の武将 前田慶次」を観に~(*^o^*)
去年のバースデーはコンドルズ公演だったのですが、今年は愛之助さんです(…って前日ですが。)
お席は前から三列目で、役者さんのメイクがよく観察できるくらい近い!
迫力の殺陣もさらに大迫力!!
慶次に因縁つけてきたかぶきもん&モンスターペアレンツを切り倒したときの速さったら…愛之助さんの身体能力の高さを垣間見た瞬間でした。
さて、その愛之助さん演じる前田慶次。
目の演技に弱いワタクシ、今回も間近に絶妙な目の演技を観てヤられまくってました~(笑)
今回は漫画も小説も敢えて読まずに先入観なしで観たのですが、粋で豪放磊落で色気があって…女性にも男性にも動物にも(!?)モテモテな慶次様、その颯爽とした生き様が何だか白洲次郎さんみたいだなあ、と私の敬愛する人物と
重ね合わせて観ていました。
(GHQと堂々と渡り合い、「従順ならざる唯一の日本人」と言われ、「育ちのいい生粋の野蛮人」「あまりに野心がないから誤解を受けるんだ」「“芸術家的孤独”とでもいうかな」「自分の感じたこと思ったことを修辞を施さずに口にして憎まれない人」と、色んな人たちから評されていた白洲さん…重なるなぁ。)
いつのまにかすっかり愛之助慶次様の世界にどっぷり、でした。(^^)

慶次と彼を取り巻く人々との様々な繋がり…様々な「愛」の形がありましたが、中でも直江兼続との空気感が私にはなんともツボでした(*^o^*)
いや、もうねぇ…忠相と伊織(「大岡越前」)とか鴨井としょぼくれ(「犬シリーズ」)とか、ああいう「友情を超えた男同士の関係」にどうにも弱いんですよねえ、私。(笑)
慶次と兼続が舞台上に現れる度に胸の高鳴りを覚えたのでした。^^;

「かぶく」者は男も女もカッコいい!慶次を始めとする色んな登場人物たちのかぶきっぷりを観て「私も!」なんて、なんとも力が湧いてくる舞台でした。


観劇終了後、急いで新幹線に乗って岡山へ→ロッカーから荷物を取り出して、特急「やくも」に乗って米子へ。
(初めて乗る振り子電車の乗り心地に吃驚!(笑)もう寝るしかない…と爆睡。)
深夜零時前に米子に到着、ホテルにチェックインしたのでした。
(つづく)
スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ロシアに行って参ります! | HOME | 暑く充実の1日>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。