おばおばのたわごと

自他共に認める多趣味人間・おばおばによる道楽日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ピアノの発表会が終わりました♪

本日はピアノの発表会でした♪

去年は20ウン年ぶりに人前でピアノ弾いて、見事にズタボロで完膚なきまでに叩きのめされまして、今年はもっとマシな演奏を…と、早めに曲を決めて楽譜を調達して練習に取り掛かりました。
Queenのボヘミアン・ラプソディー。
大好きな曲なので。
しかしこれがまた大変で…とにかく長い!(笑)
去年は楽譜2ページだったのが今年は9ページ。
縮小して繋げても譜面置きからはみ出て置けないので暗譜する羽目に。
そしてバラード→オペラ→ハードロック…と曲調がころころ変わる。
…わかってて選曲してる筈なんですけどねえf^_^;)
そして予想外だったのが「バンドの方と一緒に演奏する」ことになったこと。
このことが分かったときにはエー!?と思いましたが、案の定初めて音合わせしたときには自分が弾きたいテンポで弾けないし間違ったらあっという間において行かれて復帰できないし…と超悲惨なことにf^_^;)
そこで、最後の一週間はメトロノームに合わせて何があっても最後まで弾き切る練習をしてました。
当日はステージリハまでかなり時間があったので自宅でシンセで練習したりアップライトピアノで練習したり。
家を出る時間になると不安が増して、何処かでハンドロールピアノを買ってでも練習したい気持ちになりましたが、そこでひらめきました。
「会場の近くのビッグカメラに電子ピアノ売り場があるやん!」と。(笑)
で、駅から出て一目散にビッグカメラへ。
子供やら大人やら、みんないたずら弾きの中、本気で二回演奏しました。(笑)
多分、変な光景だったと思いますf^_^;)
しかし、人の目を意識する練習が出来て良かったかもと今になって思います。

滑り込みで会場入りしてステージリハして、初音合わせよりはかなりマシになってて少し希望が持てました。
本番は、最後の最後にヘナチョコになっちゃってフレディには申し訳ないことになっちゃいましたが、それでもおさえるトコはなんとか弾けたし、昨年より遥かに長い曲を昨年よりだいぶマシに弾けたので敗北感は無くてやりきった感の方が大きいです。
バンドの方と一緒に演奏するのはリスキーだけど、確かに一緒に演ってもらう方かQueenらしくなったし、穴もある程度隠して貰えるメリットもありました。
先生がバンドの方とよく調整して下さったおかげで程良いテンポで弾けたと思います。

ひとまず終わりましたが、浜松駅のピアノブースで弾けるように練習しときます(笑)

さて、次のレッスンでは何弾こうかな。
はじめはクラシック弾こうと思って入門したので今度はクラシックの曲を選ぼうかな。
スポンサーサイト

ピアノ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<三十三間堂プロジェクト | HOME | 明日、高松で演奏します♪>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。